読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"にゃー博士"はNetflix研究家

にゃー博士が世界をニャメ尽くす

Alternating Single Stroke 4ルーディメンツを練習してドラムを上手くなろう!!!

SPONSORED LINK

CjMgjpnVEAA_99T  

シングルストロークの練習で困っているいるなら、、、これでしょ!!

練習譜面ー基礎編ー

CjMgjpkUkAAywjR

練習譜面ー 応用編ー

CjMgjpnVEAI8xNA

練習譜面ー解説編ー

・はじめに

今回のルーディメンツは、Single Stroke 4を左右交互に叩き込むことができるリズムパターンになっています。 シンプルなシングルストロークの連続だからこそ、練習する事に意味があるのです。 なんかシングルストロークの練習のバリエーションが無くなってきたなぁを感じているなら、ぜひぜひ練習譜面を叩いてみてください。 きっとあなたの能力をあげる事ができます!!

・基礎編の解説

今回の基礎となる練習譜面は、とても短く書いてみました。とはいえ、Single Stroke 4それ自体を叩けば基礎練習は十分なので 3連符から4分音符へと、しっかりと「リズムの感覚の違いを表現する事」が出来るようにするための練習にしてみました。 基礎編の譜面を練習する時に、意識を向けてほしいポイントとしてあるのが「偶数音符のリズムを表現する感覚」と「奇数音符のリズムを表現する感覚」の違いです。 カンタンに言えば、3連符から4分音符に移行する時に、上記の二つのリズムを表現する感覚の違いを認識して、しっかりと変化している点に気づけるかどうかという事です。 練習を通じて、「リズムの表現する感覚が違う」という事を感じ取って貰えれば嬉しいです。

・応用編の解説

応用編に関しては3連符のスティックコントロールを向上させる!!という"ウラテーマ"が存在しています。 3連符でシングルストロークを練習して能力を上げつつ、ついでに他の能力も上げてしまおうという狙いがあります。 3連符を叩いていて僕がけっこう感じていた事は、バリエーション少なくね、、、ということです。 なので、応用編を通じて3連符のスティックコントロールのバリエーションもついでに身につけてしまいましょう。 見た目以上カンタンなリズムになっているので、ぜひぜひ叩き込んで、遊んでみてください。 それで、3連符って言っているのに6連符で叩き込んでいるところもあるじゃないか!! と気づいてしまう人もいると思います。これは、楽しくてついつい書き込んでしまったからなんです😥 とはいえ、全然叩けちゃう範囲のリズムなので、まずは挑戦してやるか!!くらいの意気込みで叩いてみると良いと思います。 それでは、ドラムで、ルーディメンツで遊びましょう😊😬😋

 

ではでは^-^b

 

よく読まれています◀︎

広告を非表示にする