"にゃー博士"はHappyon研究家!

にゃー博士がHappyonをニャメ尽くす

SPONSORED LINK

Amazonソーシャルインフルエンサープログラムとは?Amazonが新たな販売経路を見つけようとしている!!!!

SPONSORED LINK

注目記事▼
今なら無料!!Happyon(Hulu)でアニメを見るのが幸せな理由はこれだ!!

https://cdn2.tnwcdn.com/wp-content/blogs.dir/1/files/2016/02/AMAZON-1200x537.png

Amazonソーシャルインフルエンサープログラム(Amazon social media influencer program)のβ版が開始しました。

 

新しいインフルエンサーAmazonをさらに拡大します

Amazonソーシャルインフルエンサープログラムとは?

インスタグラマーやユーチューバーがソーシャルメディアを通じて『商品を宣伝』するブランディング手法やアイフィエイトを通じて広告収益を得るための新しいプログラムとしてAmazonは、Amazonインフルエンサープログラムのテスト版を静かに始めている

 

アマゾンアフィリエイトと何が違うのか?といえばアマゾンアフィリエイトは誰もが実践可能な広告収益獲得方法だが、Amazonソーシャルインフルエンサープログラムは違う

 

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2017/03/screen-shot-2017-03-31-at-10-32-29-am.png?w=680&h=279

引用元. Amazon quietly launches its own social media influencer program into beta | TechCrunch

 

上記プログラムに参加することが前提となっており、さらに『ソーシャルメディア上での大きな影響力を持つインフルエンサー』のみがAmazonソーシャルインフルエンサープログラムに参加することが可能です

Amazonソーシャルインフルエンサープログラムはどんなサービスなのか?

Amazonソーシャルインフルエンサープログラムはインフルエンサーを対象とした限定的なプログラムであり、例えばTwitterInstagramで必要となるフォロワー数などは明らかになっていない

 

Amazonソーシャルインフルエンサーは、Amazonドメイン上にオリジナルページを獲得でき、買い物客はAmazonソーシャルインフルエンサーのページの商品を買う仕組みとなる

 

言い換えれば、メルカリのような商品ページを個々のAmazonソーシャルインフルエンサーが持っていて、そのページをTwitterInstagramに貼り付け、該当ページに興味を持ったユーザーが購入する。という流れだ

 

恐らくだが、Amazonアフィリエイトプログラムの利益料率よりも高い料率設定をAmazonソーシャルインフルエンサーは獲得するだろう

 

これは筆者の考えだが『ある一定数を得るとマージン(広告収益)を得る』パターンなら、多くのユーザーにリーチできるインフルエンサーに焦点を当てる意味が生まれる

Amazonソーシャルインフルエンサープログラムとは何か?

ユーチューブ・インスタグラム・Twitterを通じて『AmazonソーシャルインフルエンサーAmazon専用の商品販売経路』にする。ということだ。

 

例えば上記の動画では母親に対して商品を紹介し、Amazonリンクへと送客するオンラインのテレビショッピングのようなことをしている

 

こうした状況を公式プログラムとしてAmazon側は利用したい。と考えているわけだ

 

日本の場合はUmmm株式会社を通じて日本の有名ユーチューバーがYoutubeを通じてAmazonソーシャルインフルエンサーになる日も近い

 

特に日本を代表するTopユーチューバーヒカキンは商品紹介を得意とするからこそ、今回のAmazonソーシャルインフルエンサープログラムに適していると言える

 

さて、ブロガーやアイフィエイターはどうするのか?

 

そこらへんは興味が強い

Amazonソーシャルインフルエンサープログラムのメリットとは?

f:id:rudiments:20170402110308p:plain

この動画の紹介欄を見るとわかりやすい。

 

実は『amazon.com/shop/whatupmoms』のAmazonページに飛ぶようにリンクが貼られている。

 

動画中で紹介した商品をリンクに飛んで買えば良いだけ。というオンラインショッピングの全利益をAmazonが手中に収めようとしている。という感じ

 

実際のページはこちら

f:id:rudiments:20170402110600p:plain

こんな感じで該当商品を買う感じ。

 

Amazonは全世界で強いシェアを誇るスーパーマーケットグループであるウォルマート社との対立軸でさらに抜きん出たいでしょうな。

 

 

ではでは

広告を非表示にする