"にゃー博士"はHappyon研究家!

にゃー博士がHappyonをニャメ尽くす

SPONSORED LINK

オーソリティサイトとは?需要ユーザー数最大化で決まるって本当?

SPONSORED LINK

注目記事▼
お金がなくて困っているなら、見てください。キャッシングが一番!

【正社員へ!】フリーターがプログラマーに就職・転職するための方法!!未経験からIT業界に挑戦です

プログラマー未経験者が正社員で採用されるまでにやった『5つ』のこと

f:id:rudiments:20170330110754j:plain

オーソリティサイトとは?っていう疑問が常にあったので、色々悩みながらもこれだっ!と思ってもらえる思考過程を書き記しておきます

 

あ、ちなみにね。オーソリティとは権威性という意味ですよ!!

Google検索品質評価ガイドラインは『権威性 / オーソリティ』を求め出している

f:id:rudiments:20170217165537j:plain

2017年3月14にGoogle検索品質評価ガイドラインの改定を行っていて、Googleがサイトを評価する時に『オーソリティの高さ』を重要視するガイドラインを提示した

 

オーソリティとは『権威性』のことを意味しており、ある情報を検索する時にユーザーがまずはこのサイトを見ようかな。と思ってくれるようなWebサイト作りをすることが重要となる

 

言い換えれば、ユーザーが検索をする時に『信頼できる』『権威を感じる(暗に信頼できる。の意味』ような情報サイトを構築することが、得てして長期的なWebサイト運営に適していると言える。

 

オーソリティの高いサイトのことをそのまま『オーソリティサイト』と今記事では言及する

 

さて...オーソリティってなんだろう?と僕も感じています

 

なので、オーソリティサイトの定義を簡潔に行いながら、どうすればオーソリティサイトが構築できるのか?を考えていきます

オーソリティサイトの定義ってなに?

オーソリティサイトとは『様々なWebサイト・ソーシャルメディアで引用されているサイト』のことです。カンタンに言えば被リンクを多く獲得している有益な情報サイトオーソリティサイトだと言えますね。

 

その反対にオーソリティサイトやWebサイトに対して引用をしているサイトを『ハブサイト』と言います(もしくはバックリンクサイト。

 

引用される。つまり被リンクを多く頂けるサイトであるなら、そのWebサイトは『信頼性の高い情報を持つWebサイト』だと言えますし『引用数が多ければ多いほど引用される情報群に対する権威性』が高まり、オーソリティサイトへと近づきます

 

と、言われ申しても...と僕なら思うんですよね

 

オーソリティオーソリティ言われても実態が掴みない感じがして気持ち悪いのです

 

現状での思考過程ではオーソリティサイトとは『多くのユーザーに信頼される情報サイト』で良いんだと思います。信頼されることでGoogle検索順位における相対的な権威性が増しつつ、かつ需要ユーザーにとっても権威性が高まることでオーソリティサイト化する。という結論です

オーソリティサイトとは?

オーソリティサイトとは、多くのユーザーに信頼される情報サイトのこと』

 

信頼性が高ければ権威性が高まり、Webサイト運営者からは引用される。検索ユーザーからは何度もサイトに訪問してくれる。などの良い相乗作用が生まれます

 

ブログメディアの場合はリターニングユーザーが1.5とかあれば多いはずでしょうが、オーソリティサイトなら2.5〜3.0とかになるはずです。

 

では、オーソリティサイト化するためにどんなWebコンテンツ。いわゆる記事が必要なのか?を考えていきます

オーソリティサイトに必要な情報。いわゆる記事とは何か?

オーソリティサイトはユーザーやWebサイト製作者からの『信頼』を獲得することで継続的に権威性を積み重ねていく。という構造があることが理解できました

 

と、するとですよ。さてどうやってオーソリティサイトを作ろうか?信頼を定にれようか?という段階に至るのですが...

 

どうするんでしょうね?

 

という疑問を解決していく過程です。どうぞ!

 

さて、GoogleのDB(データベース)に無い情報を新たに含んだ記事を書いて、Googleにインデックス登録すれば必然的に『タイトルに含まれているワード検索において、Google検索順位1位〜3位を取る』ことはカンタンです。

 

例えば『声優 + 佐倉綾音』とシークレットモード検索するとこうなります

 

(Shift + Command + Nでこの画面になります.Macの場合はですよ!)

f:id:rudiments:20170330102951p:plain

 

そして『声優 + 佐倉綾音』とググります。するとWikipedia先生の下に僕の記事があります。

f:id:rudiments:20170330103455p:plain

 

てな具合に『検索順位上位』にくるのは以外とできちゃいます

 

余談ですが。最近芸人さんを目指しながら佐倉綾音と結婚する。という夢を持っておられる方が検索順位5位に来ていますね...(なんかすげぇな。

 

とはいえ、Maverまとめ(検索一致対策のため表記替えしています)より上なので、嬉しい限りです

声優佐倉綾音さんの情報量では負けないサイトにしようとしている過程でもあります

てな具合で、佐倉綾音さんのことを知りたければ僕のサイトにくれば良い!

 

という状況にする過程なんですよね

 

声優情報の場合はオーソリティ化が容易ではないでしょうし、更新しなくなれば当然情報の品質が変化することで需要も相対的に少なくなるはずです

 

だからこそ『情報サイト』としての『ファン獲得』が大事。ということなんでしょうね

 

更新を止めてもむしろファンは増え続けるようなサイト構成を心がけることでオーソリティサイト化するのだと思います。

 

閑話休題

 


こんな感じでTwitterからのソーシャル流入を考えるのも強いよね。と色々手を講じなければ〜と感じています。はい

 

特に『ソーシャルリンク』や『ソーシャル流入』が検索順位を決定する要因として強く作用する傾向にあると考えているので、検討しよ。。。

 

ではでは^-^

▶︎よく読まれています

広告を非表示にする