"にゃー博士"はHappyon研究家!

にゃー博士がHappyonをニャメ尽くす

SPONSORED LINK

『欅坂46と乃木坂46。人気のためにお互いが踏み台"にすぎない理由』【AKB・HKT・坂道グループ】

SPONSORED LINK

注目記事▼
今なら無料!!Happyon(Hulu)でアニメを見るのが幸せな理由はこれだ!!

f:id:rudiments:20161130013340j:plain

こんにちは、乃木坂46LOVE腐男子Webライターの僕です

 

乃木坂46は常に完成してくれない陽だまりのようなアイドルグループですが、欅坂46はその反面、ある程度の完成度を伴って僕たちの前に現れています。特に乃木坂46が成し得なかったグループ結成の年にNHK紅白歌合戦出場は、正しく欅坂46が凄まじい表現力を持ったグループなんだということを端的に表していると思います。

 

 

ただ、そんな中で2011年から頑張り続けてきた乃木坂46が、本当の意味で輝くことができる道を見つけることができたのも、欅坂46のおかげだと考えています。

 

 

では、どうして欅坂46がいることで、乃木坂46がさらなる輝きを手に入れることができるのか?そして、どうして彼女たちがお互いに踏み台にすぎないのかについてお伝えをしていきます。

 

欅坂46が、乃木坂46の未来の完成形のひとつを表現する

同じ坂道グループとして、乃木坂46欅坂46は今後当たり前のように比較されていくことは目に見えていますが、そんな中で感じるのは、乃木坂46がいつかどこかで表現していただろうアイドルとしての完成形欅坂46が今まさに表現しているということです

 

ダンスもキレキレで、センターの平手友梨奈を中心とした少数精鋭の音楽表現、そして反体制派アイドルとして多くの若者の人気を獲得するだろう基本コンセプトなど、乃木坂46が暗中模索しながら築き続けたアイドルとしてのひとつの音楽表現を洗練したカタチで欅坂46は表現しているんだと感じています。

 

もともとAKB48のShadow(カゲ)として、乃木坂46は常に戦い続ける役割を果たす必要があり、そうした意味からもある種、大きな存在であるAKB48の反体制派としての位置付けを「坂道グループ」は宿命づけられているんだと思います。

 

そんな中で突如、野花に咲く花(乃木坂46)を蹴散らすように現れた、暴風雨のような欅坂46は、当初から乃木坂46が5年間で積み上げたアイドルグループとしての素晴らしい表現を踏襲しながらも、今回は世の中に対する反体制派としてそのアイドルグループとしてのキャラクターを構築してきました。

 

そこで、感じているのが、乃木坂46がいつしか表現していたであろうアイドルグループとしてのひとつの表現の完成形を、欅坂46が表現しているのではないか?という疑問です

 

乃木坂46が存在しなければ、欅坂46の大胆で美しい表現は存在しなかったでしょう。

 

ただ、その反面として「努力、感謝、笑顔、うちらは乃木坂上り坂46!!!」というライブ前の掛け声(スローガン?)からもわかるように、AKB48と戦うことを宿命づけられていても、誰よりも努力し、誰にでも感謝し、そしてつねに笑顔であり続けようとする乃木坂46には、欅坂46のような社会に対する反体制派の表現はできない。というアイドルグループとしてのジレンマがあった。

 

ジレンマといったところで、そもそも乃木坂46がそんな世の中を挑発するような音楽表現をする必要なんかはない。

 

ただ

 

今後さらなる発展を遂げた乃木坂46が、どこかで表現していただろう悪役的なかっこいいアイドル像を、欅坂46が今まさに表現しているんだ。

 

と僕は感じているんだ。

 

乃木坂46が表現すべき何か。その可能性こそが、彼女たちの"輝き"だ

乃木坂46が今後アイドルグループとしての平均年齢を高めていくなか、主要メンバーたち(生駒里奈白石麻衣西野七瀬ら)が、より大人らしく美しいメイクをするようになっている点が、ひとつの未来なのでは?と感じている

 

例えば、乃木坂46の顔といっても過言ではない生駒里奈たちの最近を見てみる。

f:id:rudiments:20161130005955j:plain

以前の乃木坂46ではあり得ないような大人化が起こっているし、何より最近のライブパフォーマンスなどでも可愛いらしい音楽表現に加えて、どこか妖艶で艶かしい女性としての音楽表現も取り入れてきている

 

こうした現状を踏まえながら考えてみると、今後の乃木坂46選抜メンバー群の大人化による更なる表現の進化寺田蘭世ら率いるアンダーメンバーの乃木坂46らしい可愛い表現の二本やりで邁進しつづけていくと考えている。

 

従来の乃木坂46らしいお嬢様のような可愛らしい表現に加えながら、年齢相応の大人らしい美しい音楽表現というマルチな展開を見せてくれるはずだ。

 

 

 

このあらゆる方面からの波状攻撃とも呼べる乃木坂46の進化

 

 

 

まさしく乃木坂46の可能性を表しているし、何よりこの未来への期待感こそが、常に努力し、感謝し、そして笑顔で居続ける彼女たち乃木坂46にふさわしい。

 

 

 

未来が楽しみすぎるアイドル、乃木坂46は常に変化をし続けながら僕たちを楽しませてくれるに違いないし、何よりそうしたアイドルとしてのあり方、何かにつまづきながらも常に前進し続けてくれる元気な姿が、本当にファンとして嬉しいんだ。

 

 

何より、選抜メンバー入りできていないアンダーメンバーたちにも活躍する場があるのが嬉しいし、選抜にいるにしろ、アンダーにいるにしろ、どちらもが乃木坂46なんだ!という美しいあり方を体現することもできるはずだ。

 

 

なんで乃木坂46欅坂46が互いに"踏み台"なのか?

 踏み台というと、どこか悪い響きのように感じるだろうが、端的言えば良いライバルとしての関係性を築いていくだろう。という感じだ。

 

 

踏み台 => ライバルという構図で考えてもらえればよい

 

 

だが

 

 

あえて、踏み台といったのは、欅坂46乃木坂46がいなければ生まれなかったアイドルグループだし、欅坂46がいなければ乃木坂46がさらなる大きな進化をすることはなかった。と言いたいからだ。

 

 

 

乃木坂46欅坂46のアイドルグループの未来は明るいし、何より、両者坂道グループがお互いに切磋琢磨していくことこそ、僕が望む未来なんだ。

 

乃木坂46欅坂46の今後の方向性とは?

 

そして、乃木坂46欅坂46は次のような方向性に変化していくんじゃないかと。

 

乃木坂46 =>「愛を歌い上げていきながら舞い踊る歌姫たち」=> ランカちゃん的な?

欅坂46     =>「世の中を鼓舞し、戦場を駆け巡る戦乙女たち」=> シェリルさん的な?

 

こんな感じで、両者のオリジナルとしてのキャラクターが形成されていきながらも、坂道グループとして大いなる躍動をし続けると感じています。

 

なんだろう。坂道グループがいい感じだわぁ、、、!!!!

 

 

そして、乃木坂46とはメンバー全員のシンデレラストーリーなんだよ!!

 

ということを、最近気付き始めました。やっべー。ななせまる〜〜

 

ではでは^^

 

▶︎よく読まれています◀︎

広告を非表示にする