"にゃー博士"はHappyon研究家!

にゃー博士がHappyonをニャメ尽くす

SPONSORED LINK

26000pvを31日で手に入れた「 14の考えと秘密の計画」!アクセスアップだ!!PVを狙え!!

SPONSORED LINK

注目記事▼
お金がなくて困っているなら、見てください。キャッシングが一番!

【正社員へ!】フリーターがプログラマーに就職・転職するための方法!!未経験からIT業界に挑戦です

プログラマー未経験者が正社員で採用されるまでにやった『5つ』のこと

f:id:rudiments:20161223043523j:plain

こんにちは、はてなブログ初心者のにゃー博士です

 

今回の記事は「はてなブログ初心者が死ぬ気で1ヶ月頑張った話」です

 

初心者ブロガーが最低でも10000PV/月間を手に入れる方法もわかるでしょう

 

さて、本題です!!

今回の目次

1  1ヶ月を10日ずつ区切って"計画的"にPVを狙い続ける

計画を立て、仮定通りの結果を導き出す行動はめっちゃくちゃに重要です

 

予測を立てて行動することでしか、大きな結果はゲットできません

  

(検証していくブログって面白くないですか?人生も含めて、この世の全ては実験にすぎませんしね)

f:id:rudiments:20161212161127p:plain

12月27日目の「ブログ1ヶ月計画31日目が26000PV」となりました

f:id:rudiments:20161227223930p:plain

15日間で「26039PV ー 12837PV」なので「13202PV」の増大ですね

 

ブログ日数が「31日目」ということで、「実質の1ヶ月間のブログのPV」ではありませンので、残り4日間(12/28 29 30 31)で「目標の30000PV」に到達するようにしたいと考えています

 

が、26000PVですよ。26000PV。1ヶ月目が2600PVくらいかも、、と考えていたのにブロウのPVが大台の26000PVまで行きました!!すげぇ、、、!!!

ブログ初心者の31日間の計画は下記の通り

  1. 1日目~10日目に「必ずバズ記事を書く」 GETしました!
  2. 11日目~20日目は「PVの安定を図るための記事を書く」GETしました!
  3. 21日目~30日目は「引き続きPVの安定化と自発的に"炎上を狙う"」無理でした!
  4. 1日目~31日目の間に「中短期的に勝てるコンテンツを見つける」 GETしました!

 

と、10日ずつでブログの運営を区切っていくとで、面白くブログ運営をしていくことができますし、「結果を残そうと残すまいと、記録していく過程はオモロイです

 

なんでオモロイのか?

 

それは計画して実証し続けると、結果がでてお金になるから!!

2 計画に「炎上を狙う」があるのはなんで?

くそまじめげすブロガーの「あんちゃ」さん

プロブロガーで早大卒の「やぎろぐ」さん

プロブロガーの神様「イケダハヤト」さん

大学院生でメディアクリエイター?の「ケイタ」さん etc,,,,

 

などなど「僕たちの意識に残りやすく、かつ結果を出している人たちは、総じて"炎上"することを経験しています

 

特に「ケイタさん」はブログを始めたすぐの段階で「炎上」を起こすことに成功しており「ブログ初期段階で炎上を狙うことができるブロガーは、結果的に大きなPVをのちのち得やすい傾向にある」と仮定しています

 

("働くこと""地方出身""学歴論争"みたいなのは大きな火種となる傾向にあります) 

炎上とは「個人メディアが先鋭化し、希少化すること」

多くの初心者ブロガーは「炎上することを恐れ続けてます

 

ですが、「炎上すること」そして「炎上できたこと」を経験したほうが「ブログを開設した初期段階の場合だと良いのです

 

ある程度PVが集まってからの炎上とか収集がつきずらい可能性もありますからね

 

だからこそ「ブログ初心者でブログ初期段階での炎上は狙うべき事案」なのです

 

端的に言い換えれば「炎上を起こす存在は、ユニークな意見を持ち合わせる希少人材」だと言い換えることができます

 

バズらせる方法はもうわかってしまったので、やりません(ただただ大変です)

 

ただ、炎上は体験したり体感したことがないので、引き続き狙います!!!

3 『炎上を狙う姿勢は、好循環を生み出す秘密の考え』

炎上を狙ってもいい。炎上したっていいという姿勢は結果として「積極性」を生み出しますし、そうした行動力がよい好循環を生み出します

 

つまり「"炎上を狙うことが今回の"秘密の考え"」となります

 

え、、、何、それだけ、、、?と感じる人は「ブログでPVを得るための記事の種類」を理解していないのでこの機会に理解しておきましょう

ブログでPVを得るための記事の種類

ブログで書くべき記事を次の「6つの記事に分類して書くことです」

  1. ストック記事(検索され、安定的にPV流入を見込める)
  2. フロー記事(日常的に消費される記事 ストック記事化を狙う)
  3. バズ記事(バズらせるための記事 発・被リンクがLike it!!)
  4. オピニオン記事(これが炎上記事 素直に言いたいことを書くとよーく燃える)
  5. アフィリエイト記事(継続的に大きな収益を狙う)
  6. オモコロ記事(ブログ読者を笑かす記事。才能がないと書けない)

 

ブログに書く記事の種類は、上記の6つの記事しか存在していません

 

シンプルに考えれば「ストック記事」を狙うために「~とは?」みたいな検索に引っかかる記事や「まとめ記事」を書いておけばどうとでもなります

 

ただ、より「メディアが先鋭化し価値化する」ためには「バズ記事とオピニオン記事」の両方を常に狙う姿勢が必要で、徐々にアフィリエイト記事を書き込みます

 

ですので、下記の記事を基本としながら僕はブログ運営をしていきます

 

  • ストック記事・フロー記事 => 安定的なPVの流入
  • バズ記事・炎上記事 =>  メディアの先鋭化と価値化
  • アフィリエイト記事 => 継続的で大きな収益

 

こんな感じで日々書くべき記事の種類を見定めながら「PVの安定化」と「ブログの希少化と収益化」を狙います

4 炎上を狙うとブログ市場が何を求めているのかわかる

炎上をすると「どんなコンテンツを土台にブログの成長を狙うのか」という基本的な戦略を立てるためにも役立ちます

 

何より、炎上を恐れないからこそ、自由に記事を書けて、ユーザーが求めている記事が何かを知る経験を得られるというわけです 

炎上とは悪いことでは無い!

炎上させる記事を書くことは悪いことで忌避すべき行動だと考えられています

 

ただ、ブログ初心者こそ「炎上させることを恐れてはいけないんです」(何度も言う!)

 

「炎上マーケティングや誰かを極端にDisるような記事は意味ありません」し「僕は炎上させる事を、たかがブログの文章程度だけど、"人の心を動かす良い機会"」として捉えています

 

炎上ガー炎上ガーと、躍起になっている人たちは「炎上記事の書き手によって今までの価値観を壊された。つまり心を突き動かされた経験をしている」と言えます

 

「なんであれ、人の心を動かすだけの意見を持つわけですから、重要な存在です」

 

だからこそ「炎上を狙う事は秘密の考え」となります

5 ブログ初心者が考えるべき「月間の記事数」

にゃー博士はある日こんなことを言われました

 

記事の更新スピード早すぎへん??(笑いwww」と、、、!(12/22時点で125記事/月)

 

ですが、ブログの記事数は大した問題ではありません。

 

僕は、ブログ初心者が考えるべき「月間記事数」は「ストック記事(検索され、安定的にPV流入を見込める)」をどれだけ書けたか?だと考えています

 

実例をあげます

 

「ブログ初心者 Aの場合」

 

ブログを毎日更新だ!!やったーーー!!書いた記事全部が「ストック記事化」してGoogleやYahooのオーガニック検索が月間/10000PVに到達したぜ!!!

 

1記事あたり300PVくらいだけど、ゆっくり更新頑張ろー!!!

 

なら、別に毎日1記事更新でいいんですよ。でもそんな奴ただの変態です。というかブログの天才でしょ。例えば「情報科学屋さんを目指す人のメモ」ならこの戦略でOKなんです

 

でもさ、僕の場合はさ、、、

 

「ブログ初心者にゃー博士の場合」

どんなユーザーがいるかもわからん。ペルソナもわからん。どうして良いかもわからん。てか大手にも勝てない。プロブロガーにも勝てない。(勝つ必要はないです)

 

 

え、、、ムリゲーの積みゲーじゃん。ブログってクソゲー?(笑

 

 

というブログ運営状態なので「1月あたりのストック記事が30記事以上に到達する努力」が必要となってきます

 

とはいえ、書いてる記事の75%は「ストック記事になりえない記事」です

 

要するに「記事の月あたりの総数は意味がなく、どれだけ各メディアにとって資産 (ストック記事)が増えたのか?」を重要視すべきって感じかな。

 

んで、いまのままだと100記事書いても「1ヶ月あたりのストック記事が30記事」を越えないので結構必死です

6 「ユーザー体験を高める記事」 を見つけ出す経験

僕が「計画的に運営していくこと」を決めたのは「ユーザーが求めている記事で、かつ競合が少ないコンテンツを見つけるための経験」が欲しかったからです

 

なので、ブログ初心者なのに1ヶ月にめっちゃ記事書いていますからね。

 

なんでこんな雑多に書いたのか?

 

それは「"ブログ初心者1ヶ月目"は"ブログテスト期間"と考え、必死に狙うべきユーザー層・ペルソナ・トンマナ・PASONAの法則・タイトル付け・KW選定・Google検索の本質・潜在的ユーザーってなに?」などを見出すことが重要だからです

 

「僕が行うブログ運営論は弱者戦略であり、すべてのブロガーにとって再現性のある考え方」だと自負しています

 

だからこそ、「にゃーはかせ」というブログは「弱っちい弱者戦略」でどうにか頑張って、高い再現性のある戦い方を検証していきます

 

さっき77記事目を書いたら?

f:id:rudiments:20161217032823p:plain

 

77記事目のブログ記事を書き終えて初めて「検索記事の欄に"自分のブログ名"」が表示されるようになりました

 

嬉しいことなのかな?(Netflixを攻める方向が上手くいったのかも?)という感じで、早い段階でブログの方向性を決めておくのは重要です

7 なんでブログ運営頑張っちゃってんの?(笑

ブログ運営を頑張る理由ですか、、、?

 

それは「プロブロガーで凄いヤバいやつ"25歳"説」があるからです(自説)

 

はてなスターのヒトデさんなど、結果を出したブロガーが軒並み「25歳」です

 

にゃー博士(僕)も25歳なんですが「そう言えば何も結果出してねぇ、、、、やべぇ!って感じです」

 

そりゃ、今結果を出している多くのプロブロガー勢は昔から頑張っていたから、現在の結果を得ているのですから「え、、、何おまえが焦っちゃってるの、、、?」というツッコミがあるのも当然です

 

でもね、、、

 

 

若いねぇ!と言われるうちに結果出したいじゃないですか!!!!!!!!(切実)

 

 

 

そりゃ誰だってさ、賞賛されたい。贔屓されたい。すげぇって言われたい。なんか上から目線でうだうだ言いたい。え、、、まだブログで消耗しているの?とか言いたい!!

とかあるでしょ

  

という若い世代特有のプライドを賭けた戦いなわけですな

 

 

あとは「乃木坂愛を語りたいからブログを書き始めたみたいな?

 

最初に書いたブログが「乃木坂と欅坂の違いとは?「坂道グループ」の彼女たちの特徴と今後」だったりするので、結構乃木坂46のことだけ書きたい感じはある

8 かんたんに1行まとめ!! 

カンタンに言うと、ストック記事書いて!頑張る!炎上狙え!くらいです

 

炎上することが秘密の考えとは言いましたが、端的に言えば「ランチェスターの法則」における「弱者戦略」をより効果的にするための1つの行動でしかありません

 

弱者戦略とは、ニッチな市場でしか戦えない弱者が選択すべき戦略です

 

特にマーケティング分野における弱者戦略は「一点突破型のプロダクト」を売り続けることで「市場での差別化」を図ることにあります

 

専門的な言い方をすれば、市場占有率をどれだけ狙えるのか?を考えながら適切な選択を取り続けることですね

 

なので、このブログは本当に差別化ができるのかどうか?という社会実験でもあるわけですな。

9 "才能"とは、人のこころを突き動かすこと

最後にお伝えしたいのは「人の心を動かすモノ、それが才能だ!」ということです

 

あなたにとっての、誰かの心を揺さぶる行動や行為はなんですか?

 

僕にとってはブログのようです

 

無自覚に捉えられている事実や出来事を「言語化」したいのです

 

もしブログを読んで心が動いたなら、あなたもまた文章によって心を突き動かすことができるかもしれません!!

 

「言葉がひとを動かす」のです

10 ドメインパワー・コンテンツが負けている時に取るべき行動

大手メディアや個人ブログメディアに負けているときは、次の点を重視します

 

  1. 正道をいく
  2. SNSを活用する
  3. 内部リンクを頑張る
  4. ビッグワード(1語)ではなく、ミドルワード(2語)で戦い抜く

 

コンテンツを磨いて、ソーシャルで拡散して、内部リンクでコンテンツの評価を上げてもダメならまだ勝負時ではないと考えています

 

ブログメディアは「数の暴力(記事数依存)」である側面もあり、ユニークなブログ記事でない限りまだ勝てるタイミングにはいないのです

 

こうした場面において「1つの単語」のみで検索順位1位を狙いにいくは邪道です。なので僕は次のように戦いました

 

  1.  A + B + Cの3つのキーワードで1位を狙いに行く
  2.  A + Bの2つのキーワードで1位を狙いにいく
  3.  Aだけの1つのキーワードで1位を狙いにいく

基本的には1番目の方法で、可能な限り検索上位を狙いにいくことで「PVの安定化」を図ることができるようになります

11 20000PVを超えたあたりで「PVの稼ぎ方」を覚えた

1ヶ月目/100記事を超えたあたりで「1000PV/1日」もそう珍しくなくなることが多くなったあたりで「PVを稼ぐのはめっちゃカンタン」と感じ始めました

 

ただ、そのタイミングで「PV至上主義」に走ってしまい「ユーザー体験」を高める記事を書くことができない状況に陥ってしまいました

 

ある程度「PV」を狙える記事の内容は決まっているわけですから、そこだけ狙えば良いのですが、それって全然面白くもなんともないんですよね

 

例えばNetflix関連でいえば、Netflix最新作 「The OA」という作品に関するブログ記事に関していえば、PVが入りやすいワードはほぼ手に入りました

 

この「The OA」関連は死ぬ気で狙いにいっていたし、何よりNetflixは強敵揃いなので本当に良かったです。まぁ、ビッグワードでもないわけですが。

 

とはいえ、このブログに関していえば「弱者戦略」をもとに戦うわけですから、あまりにビッグワードではその他のメディアに勝ちようがありません

 

だからこそ、まだこのブログでは"Big"ではなく "Middle"くらいの検索ボリュームの内容に対して記事を書く必要があります

12 目先のPVを追う必要が無いことを、1ヶ月で学んだ

PVガーPVガーと、10000PV/月も行かない場合はPV至上主義に陥りやすく、また初心者ブロガーである僕も同様にPVをただ狙う1ヶ月でした

 

ですが「PVをただ狙う作業は、ブログメディアを長期的に行う場合は意味が無い」ことをこの1ヶ月程度で理解したので、とりあえず良かったです

 

PV至上主義に意味などない!等のお言葉は妄言でしかないと感じていましたが、あながち間違ってもいないのだとも感じています

 

ただ、120記事/1ヶ月とか書くと、1日1記事ってラクショーなんですよね。

 

そういう意味では、よりユーザー本位の記事をより多く書く意識になれたので嬉しいです

 

この「ユーザー視点の記事」を書くことの意味の本質を知ることができた点が、1ヶ月ほどはてなブログで疾走した結果得られた最も良い理解でした

 

記事数に比例してPVは上がります。

 

ただ、記事は多いに越したことはないですが、検索されない記事なら、意味がありません

 

検索されなくても読まれれば良いのですが、大概うまくもいきません

13 必死に努力をして、理解されなくても問題はない

 他人は、ある人の100%の努力に対して、20%程度しか理解をすることができないそうです

 

なのでより大きく正解を出しながら、陰ながらでも評価されるようにします

 

「ブログメディア」は結局自分1人との戦いです」

 

「めちゃ記事書いているのにPVが上がらねぇ」

 

「ポケモン Goとかのトレンドネタを書いているやつは、やりようによっては50万PV/月間とかすぐに行きやがる」

 

などなど、たった1人でブログメディア運営をしていると「自分の選択肢が正しいのか?」という疑問を持ちます

 

そうした時は次の思考の分岐を図ります

 

  1. 疑問を持っているなら、解決を図る
  2. 不安を持っているなら、一旦休んでから次のブログ記事を書く

 

たったこれだけです

 

自分の選択肢を選ぶことが疑問なら改善を。そして、単に不安だと感じているなら淡々とブログ記事を書き続けます

 

なぜなら「ブログメディアは書くことでしか前に進めないからです」

 

悩んだり不安を感じたりする無駄な時間は何も生み出しません

みんな同じだぜ!!「あとはやるかやらねぇーかだ!!」

ブログ開設時に悩んだり、自分の記事は正しいのか、もっとバイラルに仕掛けるべきか、 PV流入先の細分化した方が良い?はてぶをもっと狙う?などなど

 

大抵似たような出来事をみんな悩んでいるわけです

 

ということは、あとはやるだけ!!

 

そこらへんのどんな手法で「ブログのPV数・アクセス数アップをしたのか」はこちらでめっちゃ詳しく書いています!!

 

よし、26000PVまでこれたので、年末を走りきって「30000PV」まで頑張ります!

 

ではでは!!

 

▶良くよまれています

rudiments.hatenablog.com

rudiments.hatenablog.com

広告を非表示にする