読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"にゃー博士"はNetflix研究家

にゃー博士が世界をニャメ尽くす

「量産型プログラマを撲滅したい」という意見に対する「本当にプログラミング」をしたかった僕の本音

プログラミング

SPONSORED LINK

f:id:rudiments:20170114063533j:plain

medium.com

 

Mediumが「はてな」といい感じになっていたなぁ、、、と今更感じているが、とにかく、なんにせよ、今回のエントリー「量産型プログラマを撲滅したい」は本質だ。

 

なぜ本質かといえば、「多くのエセプログラミングスクールはプログラムが何かもわからない若い人材を利用して1人月あたり/いくら万円で汚く金を稼ぐ馬鹿みたいな企業に対して栄養源を投げつけているにすぎないからだ」

 

では、本題へ

今回の目次

「量産型プログラマを撲滅したい」は本質なのか?

今回のエントリは前述の理由から、真であり、本質的な事実だと感じている

 

多くのプログラマーたちは気づいてはいるものの、別に自分には関係ないよね?とそのままにしている節があるし、プログラマーになりたい奴らからスクールの馬鹿どもは金を巻き上げれば良いのだから本質的な言及なんかするはずもない

 

では、なぜ世間はプログラマーを求めていて、けれどプログラマー増加しないのか?という疑問が湧くけれど、それは至って簡単で「多くの人間にとって適正がないから」にすぎない

 

適正のない人間たちをプログラミングスクールに投げつけて、返って来た極少数の成功事例を大きく喧伝することで事業規模を拡大している現在の状況からすれば、何も知らない奴らに適正があるよ(笑とうそぶいて金を巻き上げているのが理に適っている

 

 

では、なぜそんな小学生でもわかるアホみたいな状況になっているのか?

 

 

それは「量産型プログラマを撲滅したい」にリンクされている「これからプログラミングをするきみへ」を見るとわかる。

 

 

『それは「誰かがプログラミングの基礎を教える」という最も重要な文脈が大事にされていない側面があり、誰もがどうして良いのかわかっていないからだ』

 

 

プログラミングを職業にするためのルートがあるなら、誰もがプログラミングを初めて生産性の高い高付加価値人材になっているはずだが、多くの人間にとってはプログラミングの適正は存在せず、そして、何よりどうプログラムを学ぶのか?という大事な文脈が軽視され続けている。

 

 

ここで質問だ

 

 

「あなたは誰かをプロフェッショナルなプログラマーに育成できるか?」

 

 

多くの人間は無理だし、そもそも自ら学習する意識がない奴は大成しないと感じるのではなかろうか?

 

そうして仮定したとして、プログラマーになれる本質は「料理やサッカーや野球」のような目的語と同じようにやってみよう!こうやればできるかな!という自ら学ぼうと切磋琢磨する人間にしか存在していないように思える

 

ここで内容を整理すると、次のようになる

 

  1. プログラマーを初期から育てるだけの文脈や準備、そしてルートは用意されていない
  2. プログラマーとして大成するなら、それは自ら学び続ける姿勢を持つものだけ

 

こうした仮定から考えてみると、そもそも適正のある人間にしか高いレベルでのプログラミングは難しいと言える。当たり前だが。

 

ただ、これはどんな分野でも同じであり「適正」がない奴がどれだけ頑張っても未来があるわけないし、そんな誰かの半分程度のアウトプットしかできないなら、自分にとって適切な職業をみつけた方が良いのだ

 

「量産型プログラマを撲滅したい」はまさしく現状のクソみたいな状況に辟易とした指摘と言える。故に私は真だと定義づける

え、、、お前はどうなん?プログラミングできんの?

正直に言えばできないし、生産性もないし、適正も備わっていない。けれど、人一倍やってみたいと感じていて行動はあったが、結局できないままに終わった

 

僕は良いのだ。本当にプログラミングをしたい!と感じていた気持ちがあることと、実際にコードを書きながら一つずつシステムを構築したり、プログラミングをすることは違うのだ!ともう気付けている。若い時分で本当に良かった

 

 

結局のところ「気持ちがあるだけで、手を動かしていないのならばプログラマーにはなれない」のだ

 

 

ただ、大半の気付けていないプログラミングに適正のない人間たちは「プログラミングをしたいかも?かっこいいかも?僕も高年収かも?」とプログラミングスクールで無意味に金を投げ捨てている

 

コードを手を動かしながら書くのではなく、少し前から流行っているRubyやらRailsやらの誰かが用意したコードをコピペしてプログラミング気分を楽しんでいる

 

娯楽になっているなら、ただプログラミングの雰囲気を楽しむためのプログラミングスクールなら、まだあっても良いだろう。それは遊び場であり、テーマパークだ。

 

ただ、金を払っている側はプログラミングスクールに行きさえすればどうにかなるやん!と感じているのだろう。

 

そう考えると、そうした愚かな連中が今回のエントリの「量産型プログラマ」になる可能性は極めて高い

「本当にプログラミング」をしたかった僕の本音

量産型プログラマが今後も増え続けるだろうと仮定して、「本当にプログラミングをしたかった」と感じている僕は「現状を良い状況だとは思えない」

 

 

そろそろ誰かに言って欲しい

 

 

プログラミングは誰もができることではなく、適正があり、環境があり、自ら手をうごかす意識があるものにだけできるのだ!!と

  

遊びでプログラミングをするなら誰でもできる。僕も意外と楽しんでいる。ただ僕の本音は、職業プログラマーは誰もがなれるものでないということだ

 

これは確かなことだと思う。だって、誰もがプロサッカーにもなれないし、何よりサッカーの全国大会にもいけやしないじゃないか

 

さらなる僕の本音

もしもこの記事を読んでかつ、プログラミング初心者ならいますぐ100人くらいのプログラマーに会うという苦行をしてみることを勧める

 

その中できっと師匠?に近い人もいるだろうし、アルバイトくらいならおkみたいな所にももしかしたら会えるかもしれない

 

よくワカらねぇプログラミングスクールに行くくらいなら、プログラマーに会いまくれ

 

 

出会いが全てを変えんだ、出会いを大切にしろ

 

 

僕には存在しなかった 

 

追記

 

なんぞTwitter晒されていた?ので、シンプルに今回の出来事まとめ

 

量産型プログラマを撲滅したいの背景にあること

プログラマというエンジニア職に促成栽培マン(知識だけ詰め込まれた短期間即成プログラマっぽい人)が大量投下されている現状がある

 

なんで促成栽培マンが異常発生するの?
  1. 人材を投げるだけのブラック中間業者が人月/いくら万円で儲ける仕組みがある
  2. プログラマは儲かると言われ、自学習 or プログラミングスクールを経て、適正のない奴が大量に業界に入り込む

 

上記の構図があり、結果、今回の目的語にあたる「量産型プログラマ」が増える。という仕組み

 

 

んで、ここから本音。

 

正直に言えばプログラミングなんてできないし、生産性もないし、適正も備わっていない。けれど、人一倍やってみたいと感じていて、行動はしたが、結局できないままに終わった

 

僕は良いのだ。本当にプログラミングをしたい!と感じていた気持ちがあることと、実際にコードを書きながら一つずつシステムを構築したり、プログラミングをすることは違うのだ!ともう気付けている。若い時分で本当に良かった

 

ここなんですよね。

 

今回の撲滅したい!とかプログラミングしたかった!とか言う文脈に対して言いたいのは、実際にコードを書きながら一つずつシステムを構築したり、プログラムを書くことは違うのだ!

 

なんですよ。

 

んで、僕はできんな。と感じたのでプログラマ職は諦めたんです。無理だしね!

 

なので、今回の話には3人の文脈が存在しています

 

  1. 量産型プログラマいなくなんねぇかな?プンスカプンスカ^^
  2. コードなんて書けへんけど、プログラマになっちゃおう!=> 地獄落ち
  3. 僕 ) うーん。コード書けへんな。。。よし適正ないし、、、諦めよう!!

 

今回の出来事の大枠は、実力のあるプログラマ VS  実力のない多くのプログラマが存在している構図ですが、そんな中で僕は実力ないとただ辛いよねぇ、と気づいて、自ら諦めただけ。ということ。なんでこんなPV伸びているの???

 

ま、こんな感じです。

 

量産型ザクから脱する思考とは?

 いまいち言語化できてなかったけど、多分これが正解。引用致します。

 

ゴミを作ったり、良い物を作ったり、怒られたり、罵られたり、褒められたり、笑われたり、正と負どちらの経験も大事。エンジニアは特にそれが仕事に大きく関わってくる職業で、その経験の数が技術力となっていきます。 

高専プロコン等で出会った優秀な学生や大学で成功している人、コンテストやハッカソンに出てくるような人、社会で成果を出している先輩方はみんな直感的にその考え方が出来ているなと感じます。
「無いのでじゃあやってみよう」と手を動かします。
常に不満や望みを考えて、時には直感的かつ挑戦的に物を作って、経験を積んでいきます。

「これが必要だな」と思ったら「作る」行動へ繋げられる。
そういった考え方が経験と技術力と評価に繋がっていきます。

URL なりたいな「無ければ作る」エンジニア - Adventure

 

こういう姿勢があるから、エンジニアとしてのプログラマーなんですよね 

 

よく読まれています

広告を非表示にする