"にゃー博士"はHappyon研究家!

にゃー博士がHappyonをニャメ尽くす

SPONSORED LINK

Cheese(チーズ)ルーディメンツを叩き込もう!!【ドラムを極める】

SPONSORED LINK

注目記事▼
お金がなくて困っているなら、見てください。キャッシングが一番!

【正社員へ!】フリーターがプログラマーに就職・転職するための方法!!未経験からIT業界に挑戦です

プログラマー未経験者が正社員で採用されるまでにやった『5つ』のこと

http://i0.wp.com/hybrid-rudiments.net/wp-content/uploads/2016/05/girl-1039729_1920.png?w=1456

今日は!!ドラムを極めつつを楽しんでいるにゃー博士(@Hybrid_Rudiment)です。

 

ドラムを練習しているとルーディメンツの練習方法が無くて困ってしまいますよね・・・

 

専門学校の先生や部活の先輩に聞いても知らない事も多かったりします。

(僕はそんな感じでした、、、^^)  

 

そこで、今回は厳選したCheeseを使ったルーディメンツをシリーズでお伝えします!!

Cheeseハイブリッドルーディメンツを叩き込んでみるときっと楽しいはずです^^

 

あと、Baguda chickensという面白いハイブリッドルーディメンツもお伝えします。

Cheese基礎練習譜面①

cheese

基礎編の練習譜面ではドラムで叩き込みやすい形でルーディメンツを書きました。

 

シンプルに叩き込みながら気に入ったフレーズがあるようなら、

そのフレーズをドラムに叩き込むとGoodです!!

 

チャレンジ編も同じようにこれは!!と思えるフレーズだけ選んでみると良いと思います^^

Challengeってどんな譜面なの

さらに能力を上げたくて仕方がないあなたにはchallengeをお勧めしています。

 

最初の小節から7連符・6連符・5連符と細やかなテクニカルフレーズが満載で、その後はCheese Shadowというハイブリッドルーディメンツを叩き込みつつ、5連符を主体としたファイブレットロールでカッコつけています。

 

そして最後に9連符でラストフレーズに向かって終わり!!という感じなので、かなり難易度高めですが、もうこれ以上無いくらいに能力を上げたくてたまらない!!

という人には是非楽しみながら挑戦してほしい練習譜面となっています。

Cheese応用練習譜面②

Cheeese

応用編はマーチングっくぽくカッコつけることができるような譜面にしてあるので、

ハイレベルなルーディメンツをドラムで叩き込みたいと考えている人や、

少しCheeseが気になっている人は是非叩いてみてください!!

 

意外と簡単に叩き込むことができるので、まずは挑戦あるのみです^^

Exeにある譜面は叩くと面白いかも?

Exeで叩き込んで欲しいのはCheeseを主体としたCheese Rollです。

 

いつもとは少し違った音の感覚でロールフレーズを叩く事ができるので

まずは気軽に叩いてみてください!!

 

そしてこの譜面の場合は右手リードで叩き込む事が出来るので、

Cheeseに慣れていない人でも安心して楽しみながら叩き込む事が出来ます!!

Alternated Cheese-ka練習譜面 ③

chamovbucaanry6 

Aleternated Cheese-kaの場合は、両手交互に叩き続ける必要のあるハイブリッドルーディメンツです。

 

Exeに書いてある練習譜面に合わせて手の順序やトリプルストロークを両手で叩き分ける感覚を覚えつつ、細かな両手で叩く際の違いを体感する事をお勧めします。

 

少しだけ早く叩いてみるだけでなんとなくハイブリッドルーディメンツのCheeseのような音になるので、基礎練習の少し応用として練習をしてみる事をお勧めします!!

お気に入りなBuguda Chickens練習譜面 ④

cipkqn9ugaikfmv cipkqobuyaaiztm

Buguda chickensなんてルーディメンツがあったのか!!と初めて見た時は驚きました^^

 

基本的なフレーズ自体は簡単そうなのですが、テンポを早くしていくと

意外とカッコよく叩き込む事が出来てしまうお得なハイブリッドルーディメンツです。

 

こんな名前のハイブリッドルーディメンツは中々知る機会が無いはずなので、

もしも少しだけでも気になっているなら、この機会に叩き込むとGoodです!

Challengeにまた9連符が、、、!!

はい^^、9連符にハマり気味だったのでラストフレーズはきっちりと2拍9連符で書き込んでおきました。

最後のフレーズではシングルパターンの9連符、そして神保彰さんの考案されたパラパディドルを土台にして、新たなハイブリッドルーディメンツを作ってみました。

 

そうですね、、、最後に4連符が叩き込んであるので、「パラパディドル"4"」なんてどうでしょう!!

 

基礎的なルーディメンツであるシングルストロークやパラディドル、そして4連符を組み合わせるだけで

少しだけ難しそうに見えるルーディメンツを作る事もカンタンに出来てしまいます!

 

あとですね、、、パラパディドル"4"の叩き終わりが本当カッコイイので、必見です^^

Cheeseはどうすれば上手くなれるか?

・対処方法・

全てのルーディメンツに通じる対処方法として、ゆったりとOpenなテンポで練習する事です。

 

そうする事で、頭を使わずに直感的に「叩き込む」事が可能になると考えます。

 

初めてみたルーディメンツがあるなら、まずはGoogle先生に聞いてみましょう

大抵教えてくれますし、Youtubeにそのままコピペして検索してみるのも良い方法の一つだと思います

 

(大抵"英語"の動画なので動作や仕草からなんとなく言っている事を理解すると良いかも!)

   

ではでは^-^b

よく読まれています

広告を非表示にする