読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"にゃー博士"はNetflix研究家

にゃー博士が世界をニャメ尽くす

『絶対に死なないシェアハウスから分かる日本の未来とは?』100年〜200年くらい先のアイデアだし成功するでしょっ!!!

SPONSORED LINK

f:id:rudiments:20170217161209j:plain

高知県の山奥にて『絶対に死なないシェアハウス』を作ろうとしている文脈が存在していて、かつ『お金のために働かない生き方』は日本の未来を見据えたプロジェクトと言える。

 

では、なぜクラウドファンディングをする必要があるのか?などの多くの疑問もあったのでツラツラと調べながら書いていく

絶対に死なない家を作る資金源をクラウドファンディングで募る。

 実際にクラウドファンディングを通じて完成させる予定の『絶対に死なないシェアハウス』の建設予定図は上記の動画を参照するとわかりやすい

 

予定地に対して2つのシェアハウスを建設する必要があるため、全体で400万円程度のクラウドファンディング出資を募っている

 

また、NPO法人ONEれいほく代表の矢野大地さんはYoutubeにて『若者が働くためのお金を稼ぐのではなく、生きるために、自分の好きなことができる生き方を選べるための場所』としての絶対に死なないシェアハウスを作りたいと言及している

 

気になる方は、こちらからどうぞ!!

 

田舎から発信する日本の未来とは?

f:id:rudiments:20170217165503j:plain

今回のシェアハウス建設自体は残り8日を残して進捗率約30%程度なので、大どんでん返しが起きなければこのまま現状で募っている資金を投資してくれた人たち(クラウドファウンダー?)に全額返金しなければならない

 

んで、そこらへんをはてなブロガーの諸氏がいろいろと突っ込んでいたらしく確認して見ると変な奴らしかいなくて、そもそも適切な言及ができていないバカしかいなかったのは悲しい感じがした...

 

とはいえ、彼らの考えるシェアハウスは『無出資かつ無資本』で作り出すことも出来たとも言えるので、イケハヤ陣営を叩いてアドセンスウマーなはてなブロガー的には好機!!という感じなのかなと

 

んでんで、今回の絶対に死なないシェアハウスの文脈自体はめちゃ面白いと感じているため、あとはそこらへんを書いていく!!!

無資本でゴリゴリ家を作り出すのはダメなのか?

f:id:rudiments:20170217165613j:plain

そもそも論すぎるが、ほぼお金をかけずに地域の人間の力を借りて自ら家を建てた友達がいるので、他人さまから大金を集める必要はあったのかな?と感じている側面が僕の中には存在している

 

前提が『死なない家作り』なのだから初期費用が異常にかかっている時点でお仕事としてはナンセンスだし、収益率からみてリターンがそこまで美味しくないのは見て取れる

 

ただし『田舎にタダで住めるなんかいい感じのシェアハウ』とかだったらもう少し人が集まってメディア展開もカンタンだったろうなぁと感じるし、Facebook経由で広告打てばそれなりに成功しそうな気もする。

 

5万払えばある期日からある期日までタダですよ〜!!!みたいに言っておけば投資はしたけど結局みんな行かないし、多分行けないから最終的にEXITしただろう

じゃあ、なんでクラウドファンディングでお金を集めたのか?

f:id:rudiments:20170217165819j:plain

その疑問自体はカンタンで『マーケティング』のためのクラウドファンディングだったと考えている。ようはタダで宣伝できるということ。

 

NPO法人ONEれいほくの今後の『行動理念』を宣言する目的

NPO法人ONEれいほくに興味を持ってもらうための人を探すための目的

などなど...

どんなプロジェクトや団体でも必要になるのが『お金を払ってくれる見込みユーザー層の選定・獲得』なわけだから、多分プロジェクト自体がうまくいかなくても得られる利益まだ考えて今回絶対に死なないシェアハウスプロジェクトを立ち上げたのだろう。

 

と、考えるとただ批判していたはてなユーザーは涙目な結果なわけで(笑

 

ただし、ここら辺の成功しなくても得られる利益を考えていたかどうかは疑問だけどもねぇ...(きっと良いコンサルがいるんでしょう)

 

 

あ、、、気になる方はこちらですよ!!

絶対に死なないシェアハウスは正しかったのか?

f:id:rudiments:20170217165537j:plain

僕はシンプルに正しい選択だと感じている。マーケティング的に大成功でしょ。

 

プロジェクトそれ自体はまだ未定だしね

 

僕なんかも高知県土佐清水市のめっちゃ田舎におばあちゃんとかおじいちゃんがいるから絶対に死なないシェアハウスが成功して欲しい感は結構ある。

 

とはいえ、まだ大きな成功を得るための第一歩を『絶対に死なないシェアハウスプロジェクト』では歩み始めたのかなぁ...とも感じています。

 

家を作るだけならそこら辺にある木々を切って、そこから作れば良いだけだからね。周りにそういった職業の人もいるだろうし、作ること自体は難しくない。

 

のでので、今後の『絶対に死なないシェアハウスプロジェクト』に期待するぜ!というのが僕の今の感想という感じです。ただし、そんな感じのシェアハウスを作るのは日本の未来のひとつでもあるとも思うので、成功させてほしいんですよねぇ

 

絶対死なへんでぇなプロジェクトが気になるようなら確認してみてください!

 

ではでは^-^b

▶︎よく読まれています

広告を非表示にする