"にゃー博士"はHappyon研究家!

にゃー博士がHappyonをニャメ尽くす

SPONSORED LINK

【警告】個人情報流出・著作権侵害の恐れのある「Everfilter」は危険なので絶対に使うな!!

SPONSORED LINK

注目記事▼
今なら無料!!Happyon(Hulu)でアニメを見るのが幸せな理由はこれだ!!

f:id:rudiments:20161204012001p:plain

こんにちは、乃木坂Love腐男子Webライターの僕です

 

今日は、写真をカンタンにアニメ風に加工してくれるアプリの「Everfilter 」を使うと、本当に危険な可能性がある点について注意を書いていきます

 

中国だったり台湾あたりでは大人気だけど、危険な理由がいっぱいです

 

(簡単に言えば、個人情報の窃盗と著作権侵害による犯罪行為です)

今回の目次

1「Everfilterは美しいけど、実は個人情報が抜き取られる!」

 

こんな感じで美しい咲良ちゃんを見ることができちゃう!!!

 

けど、この「Everfilter 」を使うと個人情報を抜き取られるので、マジで注意なんです

 

 

と言う「電話番号は大丈夫だよ」という指摘はあるけれど、データを入力した時点で相手のサーバー側にはユーザーの重要なデータが盗られているので、危険なんです!!

 

 

というツイートからもわかる通り、「君の名は」の大人気ぶりに便乗した「ユーザーの個人情報流出を狙ったアプリ」であることがわかります

 

 

絶対に使っちゃだめだよ!!!!!!!ということをお伝えします

 

2「Android(アンドロイド)の場合は、アクセス権限を渡さずに済む」

 

それでも、安全には安全を!!ということで、「everfilter 」ダウンロードしない方が賢明だよ!!

 

 

everfilterのTwitterアカウントは、ダウンロードしとけよ!!と言及していますが、

 

もう少しだけ静観してからの方が安全だし、どこで危険が迫ってくるのかわからないよ!!!

 

3「Everfilterに危険性が十分にある可能性が高い」

 

さらに、駄目押しの危険な理由を話しておくよ、、、!!!!

 

6 the account information, might through third party, you use to enter or login in our application

 

6番目の文章の意味は「ユーザーアカウントの情報は、第三者の手に渡る可能性があります。」という意味です。

 

Everfilterは危なすぎるので、絶対に使わないでください!!!!!!!

 

4「危険じゃないかも?と好奇心に負けずに「静観」する意味」

EverfilterのPrivacy Policy(重要な個人情報をどう扱うのかに関する約束ごと)が、存在していない点も、今すぐに利用すべきではない大きな理由となります

 

EverfilterのPrivacy Policy   1番下の方にPrivacy Policyを確認可能

play.google.com

 

上記のPrivacy Policyは「TopBuzz application」という違うアプリの規約を流用していて、そもそもEverfilterの個人情報に関する規約は現時点で存在していません

 

プライバシーポリシーの引用 「TopBuzz application」が書かれていますね。。。

We recognize that privacy is significant. This Privacy Policy (“Policy”) applies to your use of the TopBuzz applications on all platforms (the “Application” or “Applications”), the related services we provide (“Services”) and the Site.

 

Everfilterは、アプリ開発者がユーザーに対して提示すべき「個人情報の取り扱い方」に関してあまりにもずさんな態度を取っています 

 

だからこそ、Everfilterがどうやって取得した「ユーザーの個人情報を扱うのかについての言及を明示的かつ詳細に提示していない」わけですから、「静観」をすることに意味が生まれます

 

安全にアプリを使いたい!!!と考えている人は、1度考えてみてください

 

5「Privacy Policyの一部翻訳」

 

私たちはプライバシーが重要だという事を理解しており、このプライバシーポリシーは、すべてのプラットフォーム上でのTopBuzzアプリケーションの使用、当社が提供する関連サービス、およびサイトに適用されます。


私たちはプライバシーポリシーを作成する事でプライバシー慣行を説明します。結果としてWEBサイト・サービス・アプリケーションを通じてどの情報が収集され、使用され、そして開示されるのかを理解する事が可能です


プライバシー慣行
(以前からプライバシー情報に関して行われていること)


アプリケーション、サービスまたはサイトを使用することにより、本ポリシーに記載されているプライバシーの慣行に同意するものとします。

 

6「2016/12/3時点の筆者の考えです」

ざーとEverfilterのプライバシーポリシーではないけど、とりあえずあったポリシーを見る限りだと、「個人の情報に関して、特に電話番号を事前に必要とする」と言った記述はなされていないけど、「個人情報を抜き取る遷移画面を用意しておくあたり」が「100%安全な状況ではない」と感じるため、非常に危険だと考えています。

 

 

まだ、なんとも言えない状況だよね。

 

 

という中途半端な意見ではなく、シンプルに危険な可能性が十分にあるから、静観する事を強く勧めている。と言った状況です

 

今後Everfilterのプライバシーポリシーが正式に用意されるはずですから、その時に再度安全性を確認した後に、使用するかどうかを考える事が賢明です。

 

 

何度も言いますが、現時点では危険性は完全に排除されていませんし、不明瞭なままでしかありません

 

 

不明瞭だから、なんとも言えん、、、とか言っている場合ではなく、シンプルに静観するのが、スマートな対処法だとお伝えしておきます

 

7「Everfilter 」は"危険"!という"9つの注意"

結論から言えば、やはりEverfilterアウトーーーーーな著作権侵害というクリエイターが大嫌いな著作件問題を引き起こす結果に落ち着きました

 

1 12月4日の深夜時点(0:00頃から朝方まで)では、個人情報を抜き取ろうとする

 

2 Everfilterのプライバシーポリシーが用意されていないずさんさ

EverfilterのPrivacy Policyはこちらから確認できますば、2016年12月4日のお昼頃になっても未だにTopBuzzアプリケーションのプライバシーポリシーが流用されています

 

端的に言えば、ユーザーのプライバシーとかどうでもええねん!!!!!という中国系企業の浅ましさが見え隠れする事態となっています

 

3 そろそろヤバイと踏んで、ユーザー情報を抜き取ることは、やめています

 

 

4 Googleプレイのユーザーの声からも、炎上ぶりが分かります

f:id:rudiments:20161204140121p:plain

引用 google plya:everfilter

 5 Togetterまとめにて、著作権侵害を行っている。という報告もありました

togetter.com

 

6 ユーザー視点から見たEverfilter問題の考えるべき改善点

「君の名は」は、Youtube上でも違法ダウンロードが続出していて、日本や韓国、そして中国などアジア圏で大流行しています

 

新海監督作品を利用することで、結果として「ユーザーの個人情報」を抜き取るような機能を隠しておいて、しかもプライバシーポリシーも用意していない。

 

というのは、あまりにもお粗末だし、馬鹿げている犯行です

 

反面として、こういった「よく分からない事態」に対してユーザーが取るべき動作は、「事態を静観し、安全を確保すること」だと考えます

 

7 アニメファンを狙った卑劣なバカやろー。それがEverfilterだ

 

これに尽きるんですよね。新海監督の作品を好きなアニメファンを狙ったどうしようもない個人情報窃盗と著作権侵害事件だったと認識しています

 

特に考えて欲しいのは、インターネット上においては確認をし尽くしても足らないことが多く存在しているという点です

 

 

それでは、写真アニメ風加工アプリ「Everfilter 」は"危険"!という"7つの注意"から、利用することは控えるべきだ。ということをお伝えしてきました

 

8 著作件侵害をしているにすぎないクソアプリ「Everfilter」

d.hatena.ne.jp

 

著作件侵害アプリのEverfilterは、ディープラーニング(人口知能が自立して学ぶ)事で、新海誠監督の「君の名は」のようなタッチの画像の書き換えています

 

では著作権侵害Everfilterは、どうして著作権問題を解決しているのかと言えば、「AI(人工知能)による自立学習によって著作物を学習することは、日本の著作権法で合法」となっています。

 

著作権を持つ「アニメ作品」をAI(人工知能)が学習することは合法です。

 

Everfilterを通じて「既存の写真」を「新海監督のようなアニメタッチ」した場合の著作物の派生系が、めっちゃくちゃに似ている場合に関する点に関しては、「今だに合法かどうかを判断できておらず、合法なようなグレーな状態」になっています

 

簡単に言えば、

 

人口知能が作りなおした作品が著作権侵害している。とは言えない状況に日本の著作権法はなっていると言えます。

 

 

 

ただ、ここで注目して欲しい重要な指摘が存在しています

 

 

shi3zさんのブログ記事によれば、Everfilterはディープラーニングをしているとは言えず、既存の写真を「新海監督風のアニメタッチ」に書き換えているだけなので、 人工知能が写真を加工しているとはいえず、「著作権侵害」をしているアプリである可能性が高いと指摘しています。

 

だからこそ、Everfilterは著作権侵害アプリでしかなく、アニメファンとして楽しんでいたとしても、それは新海監督の作品を汚しているという事にほかなりません

 

Everfilterを使用することは、 間接的に著作権法に基づく著作権侵害をしている為、新海監督の作品に泥を塗りたくっている事と同じなのです。

 

9 最後に一言

2016年12月4日時点において、Everfilterは著作権侵害アプリであり、かつその当初はユーザーの機密情報や個人情報を窃盗する事を目的とした利用をしていました。

 

日本のみならずアジア各国で大人気の新海監督作品「君の名は」を悪用する事で、結果として利益を得ようとする姿勢は許せるものではありません

 

Everfilterは登場当初からユーザーの情報の取り扱い方に関する「プライバシーポリシー」すら、同社のその他のアプリからの流用をしており、ずさんな状態です

 

これらの個人情報窃盗、そして著作権侵害問題など多くの問題を抱えているのが、写真アニメ風加工アプリ「Everfilter 」となります

 

 アニメ大国として世界に名を知られる日本における著作権問題も含めて、今回の一連の騒動は極めて憂慮すべき事態だったと考えるべきです

 

 そして、今後「日本の人気作品」に便乗した犯罪によって起こるであろう個人情報窃盗、著作権問題に関する危機意識を持つ事が何よりも重要だと言えます

 

 

12月5日時点で、大きな進展があったので、書き足します 

 

10 Everfilter公式アカウントからの発表と今後の顛末

 

今記事で指摘した通りですが、「Everfilter」を公開した当初は「SDKの誤用」により個人情報に対するアクセス権をユーザー側に求めていることがわかりました

 

 

とあり、以下がその運営方針に関する記述です。

f:id:rudiments:20161205220318j:plain

 

Everfilterの運営側からは、「中国国内の使用に関する著作権者のライセンスを受けていた」とあり、また、「誤って海外版(日本など)にも使用してしまっていた」という報告がありました。

 

そして、すぐ日本での「Everfilterの新海監督の風のアニメタッチに変換する機能を停止し、著作権元である新海誠様へと連絡をした」と言及しています。

 

ただ、大きな問題が存在しています

 

新海誠監督の事務所は、「著作権に関する使用の許可を与えていない」と正式に発表をしており、Everfilterが配信開始した段階では、事務所側は"ディープラーニングによる自動生成だった"と発言しています

 

11 Everfilterは、著作権侵害をしている事実がある

と、疑うことが適切だとこの記事では大きく取り上げてきましたが、そうした姿勢は現段階では正しく、かつ「静観」すべきだ。ともう一度お伝えします

 

Everfilterは「中国だと使って良いという許可と著作権の許諾」があったことと、「新海監督にはすでに連絡をした」とEverfilter側が正式に発表していました。

 

ですが、「ねとらぼ」によれば、新海監督の所属事務所は「著作権使用の許諾をした覚えがない」とし、かつ「新海監督への連絡は、ただFacebookに差出人不明のメールが届いただけ」とのこと。

 

参照URL

画像盗用で謝罪した「君の名は。」風写真加工アプリ「Everfilter」 新海誠監督の所属事務所は「許可を与えていない」 - ねとらぼ

 

 

以上の観点からも

 

「Everfilterのアプリの使用は控えることが適切であり、かつ、状況を静観することがスマートな方法だとお伝えします。」

 

ではでは^^

 

▶︎よく読まれています