読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"にゃー博士"はNetflix研究家

にゃー博士が世界をニャメ尽くす

"5連符"でもう迷いたくなら、読むしかない!

Drums&ルーディメンツ

SPONSORED LINK

http://i0.wp.com/hybrid-rudiments.net/wp-content/uploads/2016/05/b1.jpg?w=600

5連符で悩んでいるならこのルーディメンツで遊ぼう!!

練習譜面ー基礎編ー

b2

練習譜面ー応用編ー

b3

練習譜面ー解説編ー

・はじめに

今回のルーディメンツは5連符で有名なEgg Beater

を後ろから叩き込んだハイブリッドルーディメンツです。

Egg Beaterは叩いた事があるけれど

こっちは叩いた事がないのなら、ぜひぜひ叩き込んでみてください。

・基礎編の解説

今回はまず5連符を叩きこめるように

するところから始めたいと思います。

5連符はカンタンに叩きこめるようになるので、

まずは一緒にこの基礎編をやってみてください。

以外とすぐにできちゃいますよ!!

さて、基礎編に書いてある5連符は、

2拍5連で叩き込むタイプの5連符になっています。

つまり、2拍がなっている間に5回叩き込むわけですね。

そしてこの時最初に行って欲しい練習方法としてあるのが、

「カウント」です

2拍がなっている間に、

「1 2 3 4 5」と数を数えてみてください。

そして、数を5つ数える事が出来るようになったら、

そのカウントに合わせて5回叩き込んでみてください。

すると、いつのまにか2拍5連で叩き込むタイプの

5連符が叩きこめるようになっているでしょう。

ポイント 「1 2 3 4 5」と数える事が出来たら、

カウントに合わせて叩いてみる。

それだけです!!

・応用編の解説

応用編はかなり挑戦的な

譜面に書き込んでみました😊😊

5連符を土台に、

「Fivelet(5連符)」「Backward-Eggbeaters」

「ParaPA-Diddle」「Fivelet-Roll」

を織り交ぜた練習曲になっています。

もしこれを叩くことが出来るなら、

もう5連符なんか怖くはないでしょうし、

ここら辺の5連符をぽんと叩きわけるドラマーがいたら、

多分その人はHEROでしょうな。

というくらいには難しめに書き込んでみましたし、

精度を求めだすと正直音大生でもキツイじゃね、、、

というくらいにはキツイ感じに仕上げました。

5連符ってどうやったら叩きこめるのかといった疑問や、

5連符を使ってどうしたらカッコよく叩きこめるのかを

知りたいドラマーだったり、打楽器好きな人が見てくれて、

楽しんでくれればサイコーです!!!

それでは、ルーディメンツで遊びつつ、

ドラムでも遊びつつ、楽しく音楽できればと願いながら、

次回もまた会えることを楽しみしています!!

それでは!!Yay!!

 

ではでは^0^b

 

▶︎よく読まれています◀︎

 

広告を非表示にする