"にゃー博士"はHappyon研究家!

にゃー博士がHappyonをニャメ尽くす

SPONSORED LINK

【驚異のミックス】何コレ!!な激ムズのハイブリッドルーディメンツ!!

SPONSORED LINK

注目記事▼
ニート脱出のためのit就職術!!

【正社員へ!】フリーターがプログラマーに就職・転職するための方法!!未経験からIT業界に挑戦です

プログラマー未経験者が正社員で採用されるまでにやった『5つ』のこと

http://i2.wp.com/hybrid-rudiments.net/wp-content/uploads/2016/10/cuba-1702933_1920-1.png?w=768

ハイブリッドルーディメンツってかなり難しいイメージがあるようです。 とそんな感覚を払拭したいにゃー博士です

 

プロドラマーのヒロトさん(@drummerHIROTO)のドラムセミナーが楽しかってん、、!!!

 

そこで得たルーディメンツ博士としての独自の気づきを今度ご紹介しますね^^

フラムファイブ + パタフラフラの激ムズルーディメンツ

ct7fpz3ueaen1hr

今日紹介するハイブリッドルーディメンツは、Flam 5 Fla Fla(フラムファイブフラフラ)です。

 

  "Flam 5(フラムファイブ)"と"PataFlaFla(パタフラフラ)"っていうハイブリッドルーディメンツを組み合わせているんですが、難しそう、、、^^ って感じるかもしれませんが、意外と簡単に叩き込む事が出来るのでとってもオススメです。

ct7fp0aueaa3ble

これが、"Flam 5 Fla Fla(フラムファイブフラフラ)"の分解した感じですね。

 

叩いてみると分かるんですが、なんかフラフラ〜とした感じにも聞こえるルーディメンツなんです^-^b

 

あとね   代表的なハイブリッドルーディメンツのフラムファイブと、PAS40ルーディメンツのパタフラフラを足し合わせているんで初心者から上級者まで楽しく叩き込む事が出来るはずです。  

 

そして、意外と難しいのがフラムの後にチーズを叩かないといけないんですね。 ct7fpz7vyaeqbbi

今日のハイブリッドルーディメンツを連続して叩いていくとこんな感じでフラム => チーズっていう順序でルーディメンツを叩くんだ!という風に考えておくと良いと思います。

 

  1回ならFlam 5 Fla Fla(フラムファイブフラフラ)は叩けそうだけど、何か連続すると叩きづらい、、、という時は参考にしてみてください^^

ドラムのビートに乗るように叩き込め!!

ct7fp2wuiaanvub

 

ってことで、挑戦の時間だ!!ということでFlam 5 Fla Fla(フラムファイブフラフラ)を中心にした練習譜面を書きました。  

 

8分音符を土台にしながら最後の4分音符まで軽快に叩き込めるようにしてみたのがいい感じかなぁ、、、^-^と感じてます。  

 

ドラムビートさながらにちょうどスネアの2打目の所にアクセントが多く来るようにしているので、ドラムを叩く感覚でメリハリをつけてアクセントストロークをするといい感じです。  

 

ついでに譜面の後半ではCheese Roll(チーズロール)を叩き込めるようにしてあるので、勢いよくロールの響きを叩き込んでみてください。   あとね、   なんか最後の方に6連符が連続していますが、これはあれだね。

 

ドラムで言う所のフィルインに近いかなぁと思います。 基本は8分音符で進行している感じなんだけど、突然奇数拍の6連符が連続して登場するので、叩き始めていってドラムのオカズのような感じで叩いてください。  

 

ではでは^^

 

▶︎よく読まれています◀︎

広告を非表示にする