"にゃー博士"はHappyon研究家!

にゃー博士がHappyonをニャメ尽くす

SPONSORED LINK

『オーソリティサイトとは何か?』という質問をGoogleはしているね。答えられなきゃブロガー・イズ・デッドだな

SPONSORED LINK

注目記事▼
【正社員へ!】フリーターがプログラマーに就職・転職するための方法!!未経験からIT業界に挑戦です

プログラマー未経験者が正社員で採用されるまでにやった『5つ』のこと

ここら辺の記事が出ていることを知らなかった...ということで、とりあえず色々とメモ書き程度に言及しておきます

 

まぁ、今後のGoogle的にはそんなに言及してリンク獲得しても意味ない気もするので、クレジットカードの読みもの様には申し訳ないですが...(汗

 

とりまブロガーらしく?書きたいことを書く感じです!!

結論から言って『僕も金曜日あたりから主要3ワードが落ちたよ。と』マジ辛いな。本当にさ、悪魔の金曜日を越えて週末でどうにかなる!休日でもっとアクセスアップだぉ!と思っていたのにこのGoogleの仕打ちだよ。マジ2〜3月はGoogleダンスだよなぁ。ぶっ倒せ!!!!!GOOOOOGLE!!!!!ジャステスッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

f:id:rudiments:20170308172058j:plain

と、ここら辺のヘッダーが長いとどうなるんですかね?(ま、どうでもいいですが。てかね。3月17日は悪魔の金曜日だわ。

 

んでね、クレジットカードの読みものさんの結論として『1記事あたりの価値を高める方向性が重要だよね』という考え方は多分正解かなと。(すみません。偉そうで

 

3/14の時点でGoogleは検索品質ガイドラインの書き換えを行なっていて、最重要事項として『サイトのオーソリティの高さ』を掲げている

 

端的に言って情報サイトとしての信頼性や権威性を高めることで『クレジットカードといえばあのWebサイトを見ればいいかな?』というユーザー行動を引き起こすことだけの記事を蓄積することをGoogle側が求めているのだと考えている

 

と、するとですよ

 

Webサイト自体が持っているドメインパワー・ソーシャルリンク・はてぶパワーなんかよりも『1記事あたりのユーザー満足度を高めることだけしていけよ』ってGoogle神は言っているわけですよね

 

ここら辺は『ブログ型』か『情報サイト型』かの選択の難しさもあるとは思うけど、もしかしたらブログサイト => 記事数を抑えたオーソリティサイトへと転換する方向性をを模索する必要性があるのかもしれない。

 

反面、どれだけの記事数と更新頻度を持ってしても『検索上位に居続ける』ことはできないよ〜という知見を得られたよね。

オーソリティサイトってなんなの?と。あと、オーソリティとは権威を持つサイトのことね。

f:id:rudiments:20170307164318j:plain

オーソリティサイトとは、ひとつの情報に関する専門家として実体験に伴ったWebサイトのこと。だと思うね。

 

まさしくクレジットカードのことを知るならここっしょ!!とユーザーが権威性や信頼性を感じるサイトこそオーソリティサイトなのだよね

 

ブログメディアを運営するプロブロガーあたりは『消費・消耗され続ける記事を量産する』わけ(炎上したり、あと意味わからん生き方ポエム書いたりね。しらんつーの

 

ですが、オーソリティサイトを運営する専門家は『数ではなく高品質な少数精鋭な記事』で戦うのみ。という感じ。

 

オーソリティサイトに対する発想は下記の思考をトレースしていますよ。っと(勉強になりました。ありがとうございます!!

 

オーソリティサイトってなに?という思考を深く理解できるよ=> 伸び続けるサイトを作るには?アクセスが安定しない人は考え方を180度変えてみる

イケダハヤトさんはどうなのだろうか?という疑問もあるんだよねぇ

f:id:rudiments:20170214184921j:plain

尊敬してやまないブログゴットことイケハヤさんは、どうなったのかなぁ?という疑問もあるんだよね

 

イケハヤさんの『2017年3月20日時点の記事数が "8070記事"(ページ数 x 1P / 15コンテンツ記事から概算)』あるから、そもそもドメインパワーが強すぎてもしかしたらビクともしていないかもしれない。(教えてほしい〜〜

 

てか、もうすぐ1万か。

 

ま、わからないけどもね。アドセンス入れていないから、そもそもPV依存じゃないし。

 

てな具合です。ぼくはオーソリティサイトを作るぜよっ!!!

 

こちらもどうぞ。

広告を非表示にする