読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"にゃー博士"はNetflix研究家

にゃー博士が世界をニャメ尽くす

『はてなブログは無料ドメイン・独自ドメインのどちらが良い?』Googleアルゴリズム大変動でも屈しないブログ運営を教える!!!

人生 ブログ運営

SPONSORED LINK

f:id:rudiments:20170211080708j:plain

Googleによるアルゴリズム大変動が『はてなブログ』に対して行われているなかで、はてぶユーザーが特に知りたいのは次のことでは?

 

  1. 無料ドメインのままで運営してよいのか?
  2. 独自ドメインにしてGoogleアルゴリズム大変動から逃げのびるのか?

 

はてなブログは無料ドメイン独自ドメインのどちらが良い?という疑問を解消します

Googleアルゴリズム大変動によって『腐男子』というワードが超進化!!!!

f:id:rudiments:20170117140429j:plain

はい、実は僕は腐男子としてBLを愛し続けていきているので、次のワードはぜひGoogle検索順位1位をとっておきたいのです!!

 

 

腐男子というKWは比較的狙いやすいワードではある一方で、BLは漫画系Webサイトがひしめき合っているので勝てない現状が存在しています

 

では、腐男子というワードでは僕は現在どうなっているのか?下記をご覧ください

(2017年2月13日現在)

f:id:rudiments:20170212105412p:plain

f:id:rudiments:20170212105435p:plain

 

上記画像を見ると、以下のブログ記事が上位へと上昇しようとしていることがわかります(まだアルゴリズムが収まらないため変動あり!!)

 

 

これらのワードは以前は上位表示されていなかった記事たちなのですが、今回のGoogleアルゴリズム大変動によって『大きく順位変動』しています

 

これらの事実から考えられる仮説は、今回のGoogle大変動が生じていても『はてなブログ無料ドメイン』だけを重点的に狙った順位変動ではないことです

 

もちろんBigワード系の場合は大きな変動が予想されるため『はてなの無料ブログかつBigワード』で上位表示を行えている場合は違う対処方法が必要だと仮定できます

 

Google順位大変動におけるはてな無料ブログドメインへの影響の推移とは?

f:id:rudiments:20170202211343j:plain

 

まず、以下の事実を仮定できます

 

  1. Googleアルゴリズム大変動ははてな無料ブログドメインを重点的に狙ったものではない可能性が高い
  2. 一方、Googleはてな無料ドメインでかつBigワードを表示が行えているドメインに対しては何らかの影響を与えている?

クレジットカードの読みものさんも大丈夫そう!!(11:00現在)

 

f:id:rudiments:20170212111036p:plain

 

 と、そんななかで勝手に師匠として崇めているクレジットカードの読みものさんはどうかなぁと検索したところ、とりあえず順位の大変動は起きておらず未だに『クレジットカード』で堂々の一位!という感じですね。

 

やったぜ!と同時に『ホワイトハットSEO』を続けることが大勝ちを生み出す!という現在のブログ運営の正しい流れを体現していることがこの事実から伺えます

はてなブログは無料ドメイン独自ドメイン』はどちらが良いの?

f:id:rudiments:20170203035351j:plain

端的にいってドメイン自体は『どちらでも構わないし、はてな無料ブログで十分だった』ということをお伝えします

 

結局個別のケースにすぎないので、そのほかのケースの場合はもしかしたら順位が落ちている可能性がありますが、それはもしかしたらユーザー目線の記事じゃなかっただけなのかもしれません...(汗

 

ではでは^^b

 

▶︎よく読まれています

追記 気になる方だけどうぞ!!

2010年代ごろ?までは『ブラックハットSEO』が綺羅星っ!のごとくガンガン行われていたのですが、つい最近ではGoogleたまも少し賢くなられたので『個人レベルのブロガー』でもしっかりとしたユーザー体験を高める記事を書き続けることで、相対的にGoogle検索順位を高めることが可能です

 

この状況下を見越していたのかは謎ですが、クレジットカードの読みものさんの勝ちかたったら綺麗だなとぁと感じる一方で、WELQを中心として大量にデータを投げつけるSEO対策による検索順位汚染も見えるようになってきています

 

これらの事実から『ホワイトハットSEO・ブラックハットSEO』のどちらであっても未だにGoogleで必ず勝つ!という方法は確立されておらず、常にチューンナップをし続けなければ勝てない文脈にブロガーが存在していると言えます

 

ただし、ユーザー目線であり続けることで最終的に存在意義のあるブログとして存在し続ける可能な状況になりえているとも言えるので、そこらへんはありがたいかなと。

 

ですが、全てにおいてSEOはブームであり、うまくいったと思えた手法がどうしようもない愚策になり得るわけですから、僕は今のうちにもっとブログの存在感を上げておきたいなぁとも感じています

 

そんな感じです!!!ではでは^-^b

広告を非表示にする