"にゃー博士"はHappyon研究家!

にゃー博士がHappyonをニャメ尽くす

SPONSORED LINK

【働き方】「会社」+ 「家庭」= 日本人らしい本当の人生と生き方を生み出す。

SPONSORED LINK

注目記事▼
ニート脱出のためのit就職術!!

【正社員へ!】フリーターがプログラマーに就職・転職するための方法!!未経験からIT業界に挑戦です

プログラマー未経験者が正社員で採用されるまでにやった『5つ』のこと

こんにちは、乃木坂Love腐男子Webライターの僕です

 

 「会社」+ 「家庭」= 日本人らしい本当の生き方を生み出すことを伝えます

 IoT(モノのインターネット化)が、古き良き時代へと回帰させる

 

現代の日本において、「遊び」+ 「仕事」= 大きな価値を生み出すという構図は多くの人たちが理解しているはずです。行動はできなくてもね

 

端的に言えば、「単なるお金を稼ぐ行動」よりも「好きでしょうがねぇ行動」の方がより大きく社会にたいして価値を与える可能性が大きく、結果として「お金を稼ぐことができてしまう」ということです

 

例えばYoutuberなんかその例ですね。ただバカみたいに騒ぐことが職業です。(結構憧れているので、disじゃないですよ^^)

 

 

では、「会社」と「家庭」が融合することで、どんな価値を生み出すのでしょうか?

 

それは、「会社」+ 「家庭」= 日本人らしい本当の生き方を生み出すと考えています

 

戦後日本は高度経済成長を遂げるために「家族化」を推し進め、結果として「男は働き」「妻は家にいろ」という画一化を図った結果として、日本人らしい本当の働きかたが消失してしまったのだと感じています

 

古き良き時代とは?それは、江戸時代にまでさかのぼる

 

日本の江戸時代は、そもそも家族全員で働くことが必要な生産性でしたし、士農工商のトップに存在する武士くらいでなくては「家族」で働く。という考え方は当たり前だったわけです。

 

つまり、「一家が生きて行くための生業 => 会社であり、家庭」だったと考えることができますし、「家庭が仕事場という発想は、そもそも昔は当たり前じゃんね」ということです

 

私たちの生きている社会が「スマホタブレット・時計・車」を通じてインターネットと通じ合うようになることで、「私たちは、古き良き江戸時代」に回帰することが可能になり始めたのかな?と考えています

 

ようは、「現代日本の働きかたが、日本人向きじゃないよね」的なことです

 

「本当に江戸時代は良い時代だった?」と疑問でしょうが、江戸はいい感じ。ということにしておきましょう。

 

今回伝えたいことは「会社」+ 「家庭」= 日本人らしい本当の生き方であり、家族を一つの集合体として扱い、生き抜くことが、重要だという視点です。

 

 

その点について書いていきます

 

家族は「一つの集合体」として生き抜くことが、何よりも重要だ。

 

会社の中で、会社員として単なる労働力としてチーム結成して「価値を生み出す」ことよりも、「家族という1単位」が必死に協力しあうことで生まれる「真の価値」の方が「今後の社会においては大きな価値を生み出す」

 

 

という仮定が「会社」+ 「家庭」= 日本人らしい本当の生き方 であるという考え方の論拠となっています

 

どこの誰ともわからん他人なんかと働くとか、多分未来ではありえないでしょww

と言われているに違いません。

 

社会が技術によって進化した結果おき得たのは、世界中の人間と結びつく大きな世界感ではなく、単純に「より身近な存在と近づきやすくなった」だけです

 

そうした社会においては、見ず知らずの誰かと働くのでなく、身近な気の合う人。もしくは家族と働く社会になるのです。

 

ゆえに、「会社」+ 「家庭」= 日本人らしい本当の生き方を通じて、個人単位ではなく家族単位で社会とつながっていく未来へと帰結するのです。

 

 

結婚できない人たちは、取り残されていくんだろうな

 とすら感じています。

 

人を好きになる努力は必要ですよ。

 

 

では。

 

▶︎よく読まれています

rudiments.hatenablog.com

rudiments.hatenablog.com

 

 

広告を非表示にする