読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"にゃー博士"はNetflix研究家

にゃー博士が世界をニャメ尽くす

早稲田OB「自給自足が日本の未来だ!」"自給経済圏(コミュニティ)"の確立が始めているぞ!!生きる力を身につけろ!!

人生

SPONSORED LINK

f:id:rudiments:20161212022959p:plain

こんにちは、早稲田大学に入るならAO入試か一芸入試しか手がなかった僕です

 

結果的にはFラン大学でしたが、意外と幸せでいい感じです

  

さて、最近、早稲田卒のイケダハヤトさん(イケハヤさん)と山口拓也さん(いけちゃん)が「自給自足経済 or コミュニティ」を作り出そうと面白そうなので、書いておきます

 

僕の今回の論調は、端的にいえば「日本の未来は自給自足にある」です

 個人主義では、日本の未来で戦いぬくことはできない

 個人として働く、個人として立脚する。自分のちからで頑張り抜く。

 

などなど日本の教育制度は個人でどうにかする「個人主義」によって構成されています

 

つまり、日本の教育は「強い個人」「完璧な個人」「努力できる個人」をどうすれば作り出せるのか?という仮定のもとに今まで行われてきたわけです

 

戦後を飛び越え、20世紀くらいまでなら「強い個人」が必死に自信を保ちながら生きていけるだけの経済的な土台が存在していました

 

 

ですが

 

 

21世紀の個人ではなく「チーム」として"どうやって共創していくのか?"という視点がより明確に生きて行く上での大きな視点になっているように感じています

 

共創(Co-Creation)とは? 

「コ・クリエーション(Co-Creation)」とは、多様な立場の人たち、ステークホルダーと対話しながら新しい価値を生み出していく考え方のこと。

 

コ・クリエーションの最新事例を読み解く - 電通報 より

 

 

このように「ある一定のクリエティブ領域」では当たり前の概念として認識されていますが、一般常識的に認識していて、かつ十分に活用している人は少ないはずです

共創することが何が嬉しいのか?

共同作業による新たな創造こそが「人間が本来行うべき当たり前の生き方」だからです

 

個人がめっちゃすごいとか、あの人東大卒やべぇ!とかそんな概念は「20世紀の遺物」であり、そもそも「新しい何かを生み出すことができるのは、常にチームです」

 

アインシュタインやニュートン位の天才中の天才なら個人でもどうにかしてくれますが、非凡ではない僕なんかはやっぱりこうした「チームによる表現」に未来を感じています

 

もっといえば、「みんなで何かをすることが大きな価値を生み出していきます」

 

そうした意味で「自給自足経済圏(造語)」は大きな意味を持つでしょう

ソフト面から攻めているのが「イケダハヤト」

衣食住や生きるための場づくりとしての「ソフト面」を中心に、自給自足経済圏(コミュニティ)を現在系で作り出しているのがイケダハヤトさんの"イケハヤランド"です

 

いわばローマ帝国あたりの小都市国家「ポリス」みたいなもんでしょうね

 

まぁイケハヤランドですから、おそらくディズニーランド的なあれなんでしょう。

 

さて、ここで確認しておきます

 

イケダハヤトさんはイケハヤランドで「ソフト面に関した自給自足経済圏(コミュニティ)」を形成しています

ハード面から攻めているのが「いけちゃん」

仕事をすること、お金を稼ぎ出すことなんかの「ハード面」を中心に、自給自足経済圏(コミュニティ)を現在系で作り出しているのがいけちゃんランドなんですかね?

 

名称はなんであれ、浜金谷で作り出そうとしているコミュニティは、どこか人間のハード面をどうやって活性化させるのか?という視点から拡大しています

 

最近の動向はこちらから

ikechan0201.com

自給経済ってなんか大変そうだなぁ、、、

「こうした場に関わる時に1つ伝えたいことがあるとすれば、ただ1つです」

 

 

「DIY」

 

 

いわゆるDO IT YOURSELFですね。自分でやれやということですね。

 

どちらの環境も面白いので「こっちならイケんじゃね?」とかんじる方に身を投げ出すのも一興かと

 

「環境が変われば人も自然と変わりますからね」

 

という感じで以上が、"自給自足経済圏(コミュニティ)"の確立を早稲田OBが始めているぞ!!でした

早稲田大学で早稲田生として早稲田人に見てもらいたい!

早稲田大学とか早稲田実業高校とか早稲田大学に入りたい人とかは早稲田大学卒業の早稲田OBが面白いことをしていることに気づいて欲しい

 

早稲田生としてメガバンとかもいいし、早稲田ベンチャーとかを狙うのも良いけど、早稲田生の本質って「自由」だと思うので、早稲田生には行って見てほしいです

 

早稲田だよ!!俺!!早稲女だよ!!私!!なら行ってみようぜ!

ハードとソフトのどっち攻めが良いのか? 

シンプルに日本がおわってんな。と感じて「本来的に自給自足」するならソフトよりだし、まぁ自分が生きている間はどうにかなんべさ。ならハードで良い感じ。

 

ただ、「ハード面から攻めて仕事を取るときに、クリエイティブでないなら詰み」になる可能性が高くて、より人口が消えていく未来を考えると僕はソフトよりが好き。

 

ただ、そうすると「くおりてぃおぶらいふ」とかの問題で対応できない人は多そう

 

ではでは^^

 

▶︎クラウドソーシングで生きる力を身につけよう!

rudiments.hatenablog.com

広告を非表示にする