"にゃー博士"はHappyon研究家!

にゃー博士がHappyonをニャメ尽くす

SPONSORED LINK

モーラー奏法とは?なんでドラムに必要か徹底解明!!

SPONSORED LINK

注目記事▼
ニート脱出のためのit就職術!!

【正社員へ!】フリーターがプログラマーに就職・転職するための方法!!未経験からIT業界に挑戦です

プログラマー未経験者が正社員で採用されるまでにやった『5つ』のこと

http://i0.wp.com/hybrid-rudiments.net/wp-content/uploads/2016/09/drummer-1209672_1920.jpg?resize=768%2C512

どうもこんにちは!!ルーディメンツが世界で1番好きなにゃー博士です。

 

モーラー奏法は骨の回転(尺骨等)の身体の内側部分を意識する必要があるために、

重要なポイントを「見逃してしまっている」事に気付きました。

 

モーラー奏法をより理解した上で、進化させるための考え方を、1言で伝えます。

それは、、、「落下運動」です。

 

それでは分かりやすく1つずつ説明していきます。

1 モーラー奏法奏法は回転運動じゃないの?

drummers-642540_1280

モーラー奏法は日本の多くのドラマーが取り組んでいる奏法です。

 

例えば、山北弘一先生の開催している 呼吸で奏でる 山北弘一ドラムレッスンでも

ドラムの基礎として学んだ方が良い演奏方法として教えられています。

 

そうなんです。ドラムを演奏する上で「モーラー奏法」はとーっても大事なんです!!

 

ただ、、、モーラー奏法がどうしてドラム演奏に必要なのかをカンタンに教えてくれる人がいないなぁーと前々から感じていました!!

 

そしてなぜか、多くの人たちは身体側の説明にばかり意識が向いていて、モーラー奏法は「回転運動が本質」と言い続けています。

 

ですがそれは、モーラー奏法の過程の1部でしかなく、結果に結び付きづらい着眼なのです。

2 モーラー奏法は、回転運動 => 落下運動??

drummer-652345_1280

モーラー奏法は「人間の身体の自然な動き」を利用しています。

 

 人間が自然と関節の動きに身を任せて動かせば、「モーラー奏法」の動作になります。

 

人間の自然な動作を利用しつつ、肩から腕の回転運動 => 腕の落下運動を通じる事で、

響きやすく伝わりやすい音にしようするのが、モーラー奏法の理解しておくべき点です。

 

だからこそ、回転運動が本質の1部分に過ぎず、過程でしかないのです。

3 モーラー奏法を通じて理解すべき事とは?

drummer-1208190_1920

モーラー奏法を通じて理解すべき点は、「スティックを楽に落下させるか」です。

 

誰でもカンタンに響きやすく伝わりやすい音にしたいからこそ、モーラー奏法は生まれたのです。

 

なぜか今の日本は奏法論にばかり目がいってしまっていて、

肝心の音楽をどう表現するのか?といった大事なポイントが抜けている気がしています。(マジで10年くらい前から、、、)

 

これはモーラー奏法の指導者側の意図が伝わってないなぁと感じています

4 まとめ

rmv-793320_1920

モーラー奏法の本質は、腕の「回転運動」からの「落下運動」だ

 

肩から腕が自然な動作をするから、効率良く落ちるだけ。

 

効率良く落ちるから、腕の落下していくパワーが木の棒を通じてスネアに伝わる。

するといつもより綺麗に大きく響いて嬉しい楽しい!!

 

だからモーラー奏法は、ドラムを気持ち良く叩き込むための手段でしかないんだ。

 

(と現段階では考えています^^そのうちアップデートします!)

5 モーラー奏法の注意点

jazz-199546_1920

モーラー奏法は体本来の使い方を最大限利用する奏法なので、注意点が多くあります。

 

例えば、骨は物質であり有限なものなので、慎重に扱う必要性があります。

 

(力に任せて叩き込んでしまったら、たちまち怪我をします。)

 

肩から腰にかけての「柔軟運動」はモーラー奏法をする以上、常に意識しておくと良いです。

 

なぜならモーラー奏法は、いつもはしない動きを積極的に行うからです。

 

この視点を大事にしながら体を大切にしながら、しっかりとモーラー奏法を活用してみてください!!

6 おまけ

最近モーラー奏法がDCIという海外のマーチング大会でも流行しています。

 

そんなサイコーなスネアラインでモーラー奏法を見てみましょう!!!

 

音楽的ってこういうことじゃないんかなぁ、、、??

 

モーラーの使い方は「ストレートモーラー」に近いですね。(若干サイドっぽいけども^^)

 

てかですね。このモーラーデュレーションは「9連符」を基に作られてるCoolなスネアドラムエクササイズなので、とりあえず見てほしいです!!!

 

四分音符で進行しているのに突然トリプレットを「タタタ、タタタ」と叩き出している瞬間が「2泊9連符」に突入している感じです。

 

よくよく聞いていると綺麗な八分音符と2拍9連符をうまくコンビネーションして叩き込んでいるのが分かるとおもいます。

 

こうした片手ずつ(One Hand)で叩き込みながら、両手(Both Hand)を合わせていく感じのエクササイズは、マーチングではナチュラルな練習方法でもあるので、この機会に練習し尽くしてみるものお勧めです。

Bluecoats 2015 Drumline - Moeller Modulations

 

ではでは^^

よく読まれています

広告を非表示にする