"にゃー博士"はHappyon研究家!

にゃー博士がHappyonをニャメ尽くす

SPONSORED LINK

【Netflix海外ドラマ】モンゴル世界を描く"マルコ・ポーロ"が、第2期でエンディングを迎える

SPONSORED LINK

注目記事▼
今なら無料!!Happyon(Hulu)でアニメを見るのが幸せな理由はこれだ!!

f:id:rudiments:20161214104432p:plain

こんにちは、モンゴルといえばマルコ・ポーロ!と感じるにゃー博士です

 

2シーズンに渡ってマルコ・ポーロを放映していたNetflixでしたが、第3シリーズを放映することなく第2期にて終了とのことです

 

モンゴル世界はもちろん、イタリア・カザフスタン・マレーシアなどの広範な地域で撮影されていた「マルコ・ポーロ」には期待していたので、残念です。。。

 

では、本題!

 2年間で1億8000万ドルの予算をつぎ込んだ「マルコ・ポーロ」

f:id:rudiments:20161214104516j:plain

引用

 

マルコ・ポーロはあらゆる地域や場所での撮影をする必要があり、そのため撮影コストは常に膨れ上がり、最終的に「日本円で200億円」近い予算をつぎ込んでいました

 

ただ、全世界で8600万人以上の加入者を抱えるNetflixは、常にネトフリユーザーのための作品を求めていますから、常にユーザーが求める結果を出す必要があります

 

「The Crown」「Stranger Things」などはアメリカの最優秀ドラマに送られるゴールデングローブ賞のノミネートされていますから、もしマルコ・ポーロがノミネートされていたら第3シリーズが放映されていたかもしれません

世界的なサービスだから、マルコ・ポーロは必要だった?

マルコ・ポーロはアメリカから見た第3世界であるモンゴルのお話しをベースにしていますから、「アメリカのみならず中国の新規ユーザーの獲得」も視野に入れた作品といして制作をしていたはずです

 

なので、今後より中東や中国など世界からのユーザー流入数が増加すれば、今回のような出来事は起きなかったでしょう

 

ただ、需要ユーザーの絶対数に対して「ありえない予算」をつぎ込んで「キャストや監督の自由に作品を作ることを許しているNetflix」だからこそ、今後もより大きな拡大をしネトフリユーザーを獲得していくはずです

 

Netflixのチーフ・コンテンツ・オフィサーであるTed Sarandosは、「人々が見ていない番組にたくさんのお金を費やしていたら、ネットフリックス加入者は動画を見なくなる」と語っており、確かに現在のNetflixには「大きなユーザーを獲得ができる作品に投資をすることが求められているようです」

Netflixはオリジナル作品の質が最重要! !

Netflixといえば「全世界に多くのユーザーを抱える大企業」です

 

だからこそNetflixが大規模な予算を投じている「Netflixオリジナル作品」は常に勝ち続けなければならない宿命があるともいえます

 

日本でもおなじみ「マーベル作品」のキャラクターたちの日常を描くオリジナル作品も合わせて作っているなど「最高に面白いNetflixオリジナル作品」を制作することに、企業レベルで命をかけていると言っても過言ではないでしょう

 

Netflixが今後も楽しみ!!

 

▶︎こちらも読まれています

rudiments.hatenablog.com

 

 

ではでは^^