読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"にゃー博士"はNetflix研究家

にゃー博士が世界をニャメ尽くす

Netflix海外映画「スペクトル」が最高すぎるからあらすじ&感想・レビュー!ネットフリックス好きは1度は見るべし!!

SPONSORED LINK

声優&アイドル注目記事▼ ・めちゃカワ秋奈(ちゅな)の超絶可愛い画像まとめ!!【ナナシスKARAKURI・空栗ヒトハ/フタバ】

・【美人声優】藤田茜(あーちゃん)の超絶可愛い画像まとめ!

ナナシス声優の植田ひかる(ひかるん)の超絶可愛い画像まとめ!!

f:id:rudiments:20161210154334j:plain

Netflix

 

こんにちは、Netflixをこよなく愛する"にゃー博士"です

 

Netflixオリジナル作品「スペクトル」が最高すぎてヤバイヤバイだったので、その感想を書いていきます

 

Netflix(ネットフリックス)を見るなら「スペクトル」一択ですよ!!

 スペクトルはどんな作品なのか、、、?

f:id:rudiments:20161210142817p:plain

・異次元の敵が地球に来てヨーロッパがヤバイ、、、!

・危機に立ち向かうある技師と精鋭ばかりの特殊作戦部隊

・今までみたことがない未知なる脅威との死闘が、、、繰り広げられる!!!

 

って感じの地球が侵略される海外SFアドベンチャー映画です。

 

映画公開!ではなくNetflixオリジナル作品なので、Netflixでしか見れません

突如現れる未知の敵。肉眼ではとらえることもできない

 いきなり未知の敵に攻撃されているデルタフォースのクリス・デイビス軍曹

f:id:rudiments:20161210143146p:plain

 

これだけだと何がなんだか、、、敵がどんなやつなのか検討もつきません

 

人間の目では判別することができない不可視の敵で、通常の重火器による攻撃や肉弾戦もすることができないのが、今回の地球人の相手、、、!

 

不可視なんですよ!見えないヤバイやつらが敵なので、地球の軍隊も手に負えずどうしようもない状態が続いていたんです!!!

 

そして、多くの兵士が「アルタレ(幽霊)」と呼び始めました

技術者もCIA職員も誰もが存在を認識できない、、、

不可視の敵が現れてしまうことで、多くの人たちは対象がどんな存在なのか仮説を立てたり空想したりしていたが、どれもが正しい判断ではなかった

 

攻撃対象がどんな存在なのかもわからなければ「攻撃方法」すらわからず、手に負えない状態が続いていた。。。

 

そうした危機的状況を打破するために軍は「ドクター・クライン(技術者)」に敵の正体を掴むように指令を出す!!!!

 

 

ほんと、、、アツすぎて、、、ヤバイ、、、、、、、、、、、、!!!!!

 

 

見ることも触ることもできない敵をただ一人でどんな奴なのかを「証明」するんです

 

兵士によるパワープレイじゃなくて「技術者視点の映画」なのが本当にネットフリックスオリジナル作品の良いところなんです!

クローキング技術が敵を透明にしている、、、??

f:id:rudiments:20161210151415j:plainScientists Have Invented a Real-Life Cloaking Device 

 

クローキング技術(cloaking technology)とは「光の屈折率を利用して対象を見えなくする」といういわば「透明人間を作り出すための技術」です

 

物語の中でも軍事国家がクローキング技術を作り出して「不可視の兵士」を作り出したのでは?という仮説が有望となっています

 

高度に進化した電子的な鎧によって「透明化」していると仮定していますが、本当はどうなんでしょうか、、、?

 

こういう技術物が大好きなので、「軍事オタク」「SFオタク」「ちょった変わった技術オタク(ぼく)」なんかには特におすすめです!!

スペクトルとは何者?本当の敵はどんなやつか??

f:id:rudiments:20161210152659p:plain

 

それは、Netflixオリジナル作品「スペクトル」を見るしかない!!!!!

 

最高にクールでかっこいい映画間違いなしなので、必見です!!!!

 

衝撃的なラストに圧巻!!!!!!!!

 

あとバッドすぎるママが見たいなら「Netflixのバッドママ」がおすすめ!!

追記 Netflixのオリジナル映画「スペクトル」の何が良いのか? 

ドクタークライン(エンジニア)がカッコよくて凄まじい、、、!!!

 

技術者なのにそこらへんの兵士よりも強いし、頭も良いしまじイケメン!という感じでエンジニアが戦場で1番活躍するという面白さが良いんです

 

マシンガンをガンガン打ちまくるのもいいんですが、映画スペクトルは次の点が素晴らしいんです

  1. 「エンジニアリング」
  2. 「ヒューマンドラマ」
  3. 「SFチックなカッコイイ描写」
  4. 「人間すらも平気に変えようとする敵の醜悪さ」
  5. 「後半はなぜか近未来な戦い方(笑」
  6. 「現代技術でクローキング技術を再現」

 

こうした色々要素が混ざってカッコよく描かれるのが「スペクトル」の魅力をさらに引き上げているんですよね〜

 

2〜3年前に海外で流行ったクローキング技術(光の屈折率を利用して姿を隠す技術)をきっちりと形にしてくれている点もSF好きにはたまんねぇ〜って感じなんです

 

正確な論拠に基づくの?と聞かれると違う感じもしますが、それでもやっぱカッコーんですよね。ドクタークラインたち敵を倒していく科学的な手法が、、、!!

 

って感じでスペクトルを見てみてください!

 

ではでは^^

 

▶︎よく読まれています

広告を非表示にする