読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"にゃー博士"はNetflix研究家

にゃー博士が世界をニャメ尽くす

SPONSORED LINK

【AI・ロボットの未来】ハチ型ドローンが代理受粉をすることで、世界の食料問題が革新する!!

SPONSORED LINK

声優&アイドル注目記事▼ ・めちゃカワ秋奈(ちゅな)の超絶可愛い画像まとめ!!【ナナシスKARAKURI・空栗ヒトハ/フタバ】

・【美人声優】藤田茜(あーちゃん)の超絶可愛い画像まとめ!

ナナシス声優の植田ひかる(ひかるん)の超絶可愛い画像まとめ!!

f:id:rudiments:20161207035054j:plain

引用 Pinterest.com

 

こんにちは、ハチさんの蜂蜜大好きなWebライターの僕です

 

みなさんは世界中の食べ物の約75%以上が、実は受粉が行われなければ成長することが出来ないことを知っているでしょうか?

 

また、食料問題に関する専門家によれば、ミツバチが地球上から消え去った場合、わずか4年たらずで人間が生きることが出来なくなる可能性を示唆しています

 

つまり、多くの種は受粉をされることで生存を図っていると言えます。

 

そして、そうした現状の中で、世界的なミツバチの減少が起きている問題が存在します

 

今日は、ワルシャワ大学によって「人口的に花粉を受粉可能なハチさん型ロボット」の開発が成功した嬉しいニュースを伝えます

 

世界的なハチの減少に対する打開策「ハチ型ドローン」

 

数年前からハチが世界中から減少している傾向があることは指摘されてきましたが、そうした事実に対して具体的な対策が取れていない傾向がありました

 

ですが、freshplaza.comによると、ワルシャワ大学のエンジニアによって、人口的に受粉を行うことができるハチ型のドローン開発に世界で初めて成功したと報じました

 

ハチ型ロボットの概要

このハチ型ロボットは、自動的にめしばとなる花を見つけ出し花粉を収集してから、おしべの花へと受粉させる小型のドローン型ロボットとなります

 

ワルシャワ大学の開発を担当したエンジニアによれば、受粉させる能力を持つハチが存在することは、「世界のミツバチの減少に対処」するための「希望の代替方法」だと言及しています

 

2015年、昨年の夏時点で人口受粉を成功

 

担当エンジニアによれば、2015年の夏時点でハチ型ドローンの人工授粉に成功しているとしています。

 

"Last summer, we carried out a test and we already have the first seed obtained through this artificial pollination, so it has been proven that our robot can do almost the same as real bees," explains Dalewski.

 

 

ただ、「蜂蜜」を作ることができるハチ型ドローンの開発には成功していないとし、今後は「蜂蜜を作ることができるドローン開発」も行っていきたいとのこと

 

そして、ワルシャワ大学は、今後、2017年までにさらなる検証を重ねながらプロトタイプを開発し、さらなる量産を行うことができるようにしたいとしています

 

前述の通り、受粉をすることができるハチやミツバチがいなくなることで、食料自給率の低下が起こることや、ミツバチの受粉によって生存している種の存続が困難になる可能生があることを指摘してきましたが、ようやく問題が解決することができそうです

 

何より今後人口が増え続けていく地球の食料問題に対しての、解決策としての見本になる大きな事例だと考えています

 

参照 Creation-of-robot-bee-to-pollinate-crops by fleshplaza.com

 

ハーバード大学Wyss(ウィス)研究所も、ハチ型ドローンを開発

f:id:rudiments:20161207043511j:plain

引用 Harverd  Wyss institute

 

ハーバード大学のWyss研究所も同様に1ペニー硬貨と同じ程度の大きさの「RoboBees」を開発しており、こうしたハチ型ドローンの開発が世界で熱心に行われています。

 

また、データは古いですが、2013年時点でのハチ型ロボットの動画です

 

 

ミツバチの「蜂蜜(ハチミツ)」が、貧困・飢餓の問題も解決する

 

蜂蜜(ハチミツ)の栄養価の高さやあの美味しい甘味は誰もが知るところですが、そのハチミツを今後より多く生産することができれば「貧困によって飢餓に苦しんでいる」人たちの素晴らしい栄養源ともなりえます

 

ワルシャワ大学のエンジニアは、まだ「ハチ型ドローン」がハチミツを作るまでには到達していないとしていますが、将来的には到達させたい目標とのこと

 

なので、AIやドローンの進化が人類全体の未来を解決してくれるはずです!

 

以上が、ハチ型ドローンが代理受粉をすることで、世界の食料問題が革新する!!というお話でした!!

 

「Facebookシェア・はてなブックマークをしてくれると飛び跳ねて喜びます!!」

 

それくらいに、多くの人に伝えたいことなんです、、、!!!!

 

 

ではでは^^

 

▶︎こちらも読まれています

 

rudiments.hatenablog.com

 

広告を非表示にする