"にゃー博士"はHappyon研究家!

にゃー博士がHappyonをニャメ尽くす

SPONSORED LINK

超必読!プログラミング初心者が"Ruby"を選ぶな!という"6つの理由"【Rails】

SPONSORED LINK

注目記事▼
お金がなくて困っているなら、見てください。キャッシングが一番!

【正社員へ!】フリーターがプログラマーに就職・転職するための方法!!未経験からIT業界に挑戦です

プログラマー未経験者が正社員で採用されるまでにやった『5つ』のこと

f:id:rudiments:20161202122459p:plain

こんにちは、Web系テック記事を書きたいWebフリーライターの僕です。

 

 

今では猫も杓子もRubyを1ヶ月イナズマで勉強してすぐさまWeb系エンジニアを目指そうというよくわからん状況が蔓延し続けています。

 

 

実際、Ruby on Rails turutorialなどもやりながらRubyをお勉強してきた僕が感じる、プログラミング初心者がRubyなんぞ選ばん方が、将来的な生産性が爆発するよ!!

 

 

という理由を丁寧にお伝えをしていきます

 

1 Fastにコピペで完成するWebサイトに意味あんの?

 

Rubyを学習してから、よーしWebサイトを作りたいぞ!といってプログラミング初心者が選ぶWeb Application Flame Workは「Ruby on Rails」一択でしょう。

 

基本的なHTMLファイルやデータモデル、そしてCSSから何から何までをRailsのGemを使ってすぐさま用意することできます

 

 

Railsフレームワーク、開発環境を用意してくれているなんて当たり前でしょうが??

 

 

いやさ、そんなコピペプログラマーがどうやってWebサイトを今後開発していくんだ!

 

という疑問と、そもそもC言語C++言語のシステム開発における基本も知らないプログラミング初心者がなんぞメンターから教わった「Rails s」でRailsのサーバーが起動するよ的などうでも良いコピペコードを学んだってなんも生産性が上がらないんです

 

そりゃね、すぐさまRailsフレームワークを使ってF1カーのごとく爆速で開発したいプロの開発者は良いんだよ。

 

 

プロの開発者はコードを書けるし、読むことができるからね

 

 

でもさ、プログラミング初心者が学習を通じて開発した気になっているのは、RubyとRaislを使用したWebサイトもどきにすぎないし、そもそも何らかの問題が生じた場合のデバックも出来ないエセプログラマーにすぎないから。

 

AWS使ってさ、なんかやべぇ回数API叩かれた時とかどうすんのさ??

 

Amazon様は許してくれるのか?

 

2  F1カーに乗れない幼い子供を即乗せてから、実践させる馬鹿さ加減

 

Web系の仕事に就くことや、仕事ができるようになってCTOにでもなったならそりゃ高給取りで年収が1000万やら2000万くらい行くだろうさ。

 

けどさ、いきなりモナコのF1サーキットに行ってから、自分の子供F1に乗せるようなバカな親が存在するのか?

 

いや、プログラミングスクールに通う全員がなぜか全員ほぼ初めてのRubyRailsのコードを読んで、しかもオブジェクト指向やモジュール化にメソッドにインスタンスの生成まで理解したとしてもさ。

 

 

そんなん初歩の初歩で、スマブラで言えばようやくキャラクターが左右に動きだそうとしている程度にすぎないでしょう。

 

 

Rubyの基本的な作法まではどうにかなってもさ、普通にプロが好き勝手プログラミングしたいぜぇとか考えて作っているカオスな言語なRubyを本質的に理解できんのか?

 

しかもそれを短期間でだろう。イナズマで学習できるんだろう

 

 

いや、無理に決まってんじゃんね。東大生ならいけるかもしれない。天才でかつ努力をし続けることができるからさ。でも、多くの人にとってはRubyRailsは本当に理解するのに時間が異常にかかるプログラミング言語フレームワークだと考えておいて欲しい

 

 

わたしは天才です。と思っているならいいです。ガンバ!!

 

3 HTMLやCSSだけで、気軽Webサイトを作れるコーディング力と、バックエンドまでしっかりと対応できるだけの地道な能力開発

 

をたかだか1ヶ月程度でできるようにはならない。できたとしたら、天才か一日中コードを書いていても大丈夫なコードに親和性の高い人だけか、もしくは阪大生とかそこらへんの知能の高い人。

 

何よりプログラミング初心者にいっておきたいのは、「フロントエンドエンジニア」「バックエンドエンジニア」「インフラエンジニア」のどんな方向性に進みたいの?という基本的な認識しかないままに「Ruby」と「Rails」を勉強しています!!!!!

 

圧倒的努力で圧倒的成長を成し遂げます!!!!

 

 

とか言わないでください。

 

 

 

Webサイトを開発するにしても学習すべき方向性は多岐にわたっているし、「プログラミングをする上での自分なりのスタートラインとゴールライン」を自分のアタマで考えていないなら、ドットインストールでまずはHTMLとCSSを学習したほうが百倍マシです。

 

 

タダだしね。

 

 

んで、あれ、なんかプログラムを書いたり、コーディングする適正があるかも?と思ったら、そのままスクールなんか行かずに知り合いのつてだのなんだの探して「プログラマー」や「フロントエンドエンジニア」や「バックエンドエンジニア」のアルバイトを探すことです。

 

 

最初は気軽なデバックしかできなかったり、そもそもアルバイトに引っかからないかもしれないけど、そこで諦めずに挑戦するほうが1000倍将来的な生産性が爆発します

 

 

あとね、プログラマー」や「フロントエンドエンジニア」や「バックエンドエンジニア」がWebサイト制作をするときにどんなちがいがあるのか?を明示的に答えることができないなら、本当近くのプログラミング教室(一日版とか)にお願いだからいってください

 

 

そんなそもそも自分が何をしたいのか?という目的語も曖昧なままにRubyとかRailsとか習ってもなんにもならないからね。

 

 

プログラミングスクールに通うことそれ自体がファッションみたく大学生の間ではなっているかもしれないけど、本当自分のアタマで考えて。

 

 

4 プログラミングを勉強しています!!という何をしてんだか分からん状態を気づいて欲しい

 

プログラミングをするということは、「システム開発をするためのプログラムを書くことを意味しています」

 

 

プログラムを書くから、プログラミングと言うんです。

 

 

だけどさ、RubyRailsを習ってプログラミング学習!!って考えている人は、「プログラミング」と「コーディング」の違いもイマイチわからないんじゃないかな?

 

例えば、Webサイトの画面部分(フロント部分)を開発するために、必要なHTMLやCSSのコードを書くことが「コーディング」と言うんです。

 

 

プログラミングとコーディングの違いを明示的に理解した上でさ、プログラミング学習をしているって言えてるの??

 

 

そりゃコーディング学習とはあんまいわんけどさ、そこらへんの違いを理解する。理解しておかないと気に食わんなぁ、、、という技術者が開発者になれるんです。

 

 

大雑把になんかRubyとかRailsで爆速でWEbサイト構築できんでしょ!!

 

 

と思ってんなら、Webサイト構築はできなくても、まぁなんとなくでよくわからんWeサイトが出来上がる体験だけはとりあえずできるよ。

 

5 なんでこんなに教育系のプログラミングスクールが多いのか??

 

そんなもんプログラミングスクールで教えている人たちが「新規案件」やら「開発案件」を自力で獲得できないからでしょ。

 

 

本当にコーディングできてプログラミングできるならさ、絶対開発しているでしょうに。

 

 

開発っぽいことできるから、スクールでメンターをしているんですよ。

 

 

とはいえ中には教育に情熱を傾けるめんたーもいるだろうけど、ほぼいないじゃない?てかさ、プロの開発者が教育事業にガツガツ参加してしかも素人に教えるメリットないでしょ。

 

 

6「プログラミング初心者」は"Ruby"を選ばないことで、生産生が上がります

 

 

システム開発をしたいなら、C言語C++言語を学習したほうがいいし、フロントのデザイン部分を開発したいならHTMLやCSSを学習したほうがいいんです。

 

 

なんでGoogleみたいなでかいサービスが毎日落ちずに(使えなくなる)こともなく安全に使えんの??と疑問ならインフラエンジニアって何?と学習すればいいんです。

 

 

 

プログラミングを楽しんでみたい!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

とだけ考えているプログラミング初心者がプログラミングスクールに参加するのは、多分正解だし、良い選択肢なので、高い金を払ってRubyRailsで遊んでみてください。

 

 

受講生の1000人に1人くらいは、そのままNTTデータとか楽天とかGoogleとかビズリーチとか行けんじゃない??

 

 

1人10万払ったとして、1000分の1の確率でプログラマーとしてしっかりとした技術を持って就職できたとしたら、かかる費用は1億円。。。。。。。。

 

(1人の技術者候補を企業に送るために必要なコストが最大でなんでか1億円。なんなの?教育系ベンチャーは大手IT企業と仲良いのかな??)

 

 

 

100人に一人の割合だとしても1000万円の死屍累々を乗り越えている。というお金の面から教育系プログラミングスクールを受講しようとしている人は考えおいて欲しいかな

 

 

まじで、技術系の大学行ってアルバイトしたほうが技術力は上がるし、文系だとしても適性や条件が合えばアルバイトできる。

 

 

 

習うより慣れろ!!!!実践形式でな!!!!と思っています

 

 

ではでは

 

▶︎年末年始に向けて読みたい記事

rudiments.hatenablog.com