"にゃー博士"はHappyon研究家!

にゃー博士がHappyonをニャメ尽くす

SPONSORED LINK

ルーディメンツの譜面を探しているなら、これだ!!!!!【ルーディメンツ紹介】

SPONSORED LINK

注目記事▼
お金がなくて困っているなら、見てください。キャッシングが一番!

【正社員へ!】フリーターがプログラマーに就職・転職するための方法!!未経験からIT業界に挑戦です

プログラマー未経験者が正社員で採用されるまでにやった『5つ』のこと

http://i1.wp.com/hybrid-rudiments.net/wp-content/uploads/2016/10/musicians-1557122_1920.png?w=1236Vic Firthで面白いルーディメンツって無いのかぁ?と探していたら、遂に見つけてしまったのさ、、、

 

ルーディメンツの譜面を探し続けるにゃー博士(ルーディメンツ@サイファ&ソラミミ )です!!

オモロイルーディメンツの譜面とは?

これです、、、PLUTNDUHというハイブリッドルーディメンツをふんだんに使用しているルーディメンツの譜面です。

 

意外と難しそう、、、!!と最初は感じていたんですが、意外とカンタンに叩き込めることが出来るルーディメンツの譜面だなと感じています。  

 

6連符や5連符、それに8連符(32分音符)も頻出していますが、ゆっくりとしたテンポで叩き始めればきっと出来ます!!! sapadin_plutnduh_application

©2016 Vic Firth Company.

plut-n-duhは譜面に書き込むとこんな感じ

plutnduh-ex

©2016 Vic Firth Company.

どんな感じのルーディメンツかと言えば、装飾音符Flamにアクセントの付いたハイブリッドルーディメンツです。

 

普通だったらフラムを叩く場合は、タップレベル(1inchiから1.5inchi)程度で叩くか、もしくはスネアの打面スレスレのところで叩きます。  

 

だから、基本的には本音符に対する装飾をする意味あいがあるので、フラムは装飾音符と言われています。  

 

けれど   plut-n-duhの場合は装飾音符にアクセントがついているので、いつも通りの叩き方では無いので、そこらへんの少ーしの違いをしっかりと理解しておくと楽しくルーディメンツ譜面を叩き込むことが出来ます!!

この譜面はどうやって叩くの?

まずはこの動画を見て、フラム(装飾音符)にアクセントをつけて叩いてみるって感覚を理解すると良いのです^^ (いや、しっかりと話すと、本音符の装飾音符がいつもと違ってアクセントがついているって感じですが^^)  

 

んで、よーく見るとフラムアクセントplut-n-duhのが、装飾音符のスティックの高さが違うだけの譜面なんだ!! ということが分かると思うので、まずはゆっくりと叩き込んでみてください。   

 

ではでは^-^

よく読まれています

広告を非表示にする