読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"にゃー博士"はNetflix研究家

にゃー博士が世界をニャメ尽くす

『Google神の下僕 SEO屋は死んだ』正解出せてないクズだよね!!!

人生 ブログ運営 WELQ PVモンスター

f:id:rudiments:20170211151755p:plain

最近WELQアップデートはてな無料ブログを叩くGoogleアルゴリズム変動、あときよねこ氏のはてなBAN騒動SEO屋って正解出せてる?というのがぼくの興味を強く引いていました。

 

そんな中でGoogle神を信じるぼくが、ふと感じるのは次の疑問なんですね

 

  1. SEO屋さん』ってバカしかいないの。不正解しか出してないじゃん?
  2.  そもそも金を払うべき対象なの?意味あんの?SEO無料でよくない?

 

ではでは、今日はSEO屋たまの存在意義について言及していきます!!

SEO屋さんの存在の意味がわからない。

f:id:rudiments:20170204124710j:plain

Google検索は地球上で1番の天才たちが集まるGooglerたちが運営している検索エンジンで、そんな検索エンジンにおける『相対的な検索順位』に関してつべこべ理論を求めるいたちごっこを続けるSEO屋さんの存在の意義が見出せないでいます

 

確かに英語ベースの原点を日本語に訳したり、googleの動向を教えてくれるのは嬉しいんだけど、そもそもそれって誰でもできるじゃん。興味があれば小学生でもできるしねSEO屋いらんくね?

全ての本質は『情報』をどう伝えるか?だよね

 

SEOの本質は

『唯一無二のユーザーが求める情報』をどう伝えるか?

 

SEO屋さんにおける技術的優位が最終的にGoogle検索順位に影響を与えるなら、いますぐみんながSEO屋に金を投げて帰ってきたリターンでもって収益化すれば良いだけじゃん。

 

『WELQたま』がやらかしたGoogle検索順位汚染にしたってSEO屋さんはなんか際立つ行動をしたのかなと?

 

確かライターの誰かが一番槍になって状況打破の文脈を作ったと記憶しているけど、結局SEO屋さんはなんかしたっけか?

 

SEO屋が技術的優位や能力があるなら、Googleに就職すればいいだけでは?

 

最近ブログを始めてて、本当に疑問なのは『SEO屋さん』って何もしてないのでは?ということなんですよね

 

技術的文脈におけるつべこべを僕たち素人にも『わかりやすく言語化』することができるならばそれはまさしくSEO屋がプロフェッショナルだとかんじるし、ぜひそうあってほしいけども。

 

けれど、実態はどうなのだろうか?好悪関係なく、感情的にどうのうでもなく、何故かれらSEO屋さんはいる必要があるのか?シンプルにわからん。

と、疑問が多い時にこんな記事を見つけた!!

 


じっくりと読んでみてわかったのはSEO屋が『キーワードを拾ってどうにかできた時代』が終焉していて、現在はどうにかこうにか対応しているだけ。ということでした

 

と同時に『ブログメディア程度』の月間100万PVとか200万PVとかなら、そもそもSEO対策よりもしっかりとしたコンテンツ制作をせっせとすれば良いだけ!だと。うん。SEO屋いらんね。

 

んでこんなお話がありました

そうですね、本当に複雑になりました。今まではそういうキーワードをガリガリ分析して、ニーズがあるキーワードをしっかり組み込まないといけなかった。

 

しかし、もうそれが必須ではなくなりました。ユーザーのニーズに沿った役立つ情報がちゃんと掲載されていれば、必要としたユーザーにある程度は検索されるようになってきました

 

ほとんどのWebサイトでは、正しく制作しさえすればSEOを配慮しなくてもどうにかなるようになってきていると思っています。

 

30ページくらいの静的なサイトなら、SEO屋にお金をかけるより、きちんとしたテキストを作ることに手間とお金をかけた方がいいです

 

これだけの状況下において再度疑問が生じるのは

 

 

SEO屋さんの存在意義なんですよね。

 

 

何故必要なのか?僕には全くわからないから確かな知識と経験がある人はぜひご指摘してほしいです

 

だって月間1億PV(ハム速)とかのサイトなら確かに必要だけどさ、そもそも現状の企業含めたwebサイトの9割って大したPV稼げてないじゃん。

 

 

であるならば『SEO屋さんっている意味あんのぉ?と疑問を持ってしまいます』のです。

 

 

てかさ結局最後はミエルカの宣伝だしね。こりゃいよいよSEO屋さんも単なるデータをアナリティクスする人ではなくAIを活用できんとダメダメになっているわけですね

 

熟慮の結果...こうなりました。

f:id:rudiments:20170203035351j:plain

昔の文脈ならそもそもSEO屋さんに最低限の価値があり、大規模サイト(月間1億〜3億PV)を運営する企業には確かに存在意義がありました。

 

ですが、現状では多くのブロガーやマーケッター、そしてプロブロガーが感じているように『オリジナルでかつユーザー目線の記事』を書ければ自ずと検索順位が上昇するようにGoogle検索が賢くなりました

 

さらに追い討ちをかけるように『AI』による綿密な機械学習によって以前からSEO屋さんが行っていた『事業内容』は概ね補完できるようになりつつあります

 

つまり、SEO屋さんに頼る全企業の『1%』以外はミエルカなどを用いながら自分でWebサイト・ブログ・メディアを発展させれば良いわけです

 

 

なので、Google神の手先、SEO屋さんは死んだ。ということですね。SEO屋はいらんぜ!!

 

メモメモの項目!!!

3年前程度にブラックハットSEO、主にリンクを投げつけてコンテンツなんてどうでも良いんだぜぃ!な時代が存在しており、以下の考えがあった

 

これはあまり言われてないけど、少なくとも3年前(既存の天国モード?アルゴリズム?に変わった頃)とかの上位表示サイトで記事まともに書いてる人ってのはいなかったと思う。まぁ書いててもリンクのパワーが上の方が上位だった。ウチのクズサイトとかね(笑)

ってことで「記事を書く」というよりは、「リンクを入れる」が正解だった。

この状況を打破するためにまず、Googleはリンク数の制限を設けたんだと思う。

(ソースが正しいかは自己判断でお願いします) 

 

上記の考えを『』とすると、SEO屋みたいのがワラワラいたのも仕方なしかなとも思うんだよね。コンテンツイズキング!なGoogleの考えを『Webネットワークにおける「発リンク・被リンク」の多寡』によって根底からぶっ壊すようなSEO手法で勝ててたわけですから。

 

うーん。少しだけGoogleが賢くなってくれて嬉しい反面、だからこそ個人レベルのブロガーがプロブロガー化しているとも言えるんですよねぇ...(個人でも月間100万PVとか200万PVなら狙えるからね。ま、企業レベルだと狙っても意味がない数字だけども!!!)

 

うーん。つまりは個人がどうにか勝てる時代でもありますな!やったー!!

 

特に専門職としてSEO屋が必要ではなく、本当に伝えたいことを記事にすれば読まれる時代へとようやく回帰したと。とかんがえています。SEO屋 is いらないよ〜

 

ではでは^-^b

 

Googleアルゴリズム大変動が起きただと!大変だ!!

広告を非表示にする