"にゃー博士"はHappyon研究家!

にゃー博士がHappyonをニャメ尽くす

SPONSORED LINK

『死にたい..死にたいと感じる"あなた"にだけ伝えたいこと』

SPONSORED LINK

注目記事▼
今なら無料!!Happyon(Hulu)でアニメを見るのが幸せな理由はこれだ!!

f:id:rudiments:20170403130339j:plain

死にたい。と感じることはあるだろうし、なんだかやるせねぇな。ツレーな。なんて考えている時は、一瞬だけ『』を考えることもあると思います

 

僕なんかは『マンション5Fからの転落事故(両親の不注意)』『両親の離婚』『両親の再婚』『一時的家庭内別居』『両親の親、つまりおじいちゃん・おばあちゃんとだけ暮らした子供時代』『勉強できない学生時代』『センター試験を忘れる(笑』『エントリーシートを書いたことない』『就職試験を受けたことない』と悲惨で、人生ハードモードで生きてきました

 

そんな僕が、『死にたい...死にたい....死にたい!!!!と感じるあなたにだけ伝えたいこと』があります

今回の目次

1. 死にたいと感じることは『間違い』ではない。

いきなり凄いことを言っていますが、死にたい。と感じるのはそんなに間違っていないと感じています

 

僕も大学生の時に遊びすぎて単位落として奨学金もらえんくてこれから学費(大金)を稼ぐんか...と電車の中で悩み続けてですね。死にたい。死にたい。もう、、、めんどいから死にたい!!と思ったので、自殺の方法をググったのに良い情報でてこんし、なんか生きた方がええよ〜なんてよくわからんスピリチュアル記事にたどり着くしで散々だったんです

 

あれ、これ死にたいけど、死にたいパターンを叩くやつだ。死にたいやつを死なせないようにスマホはできているのか?!と電車の中で理解しましたね。死にたい僕の気持ちをなんだと思ってんだGoogleとすら思いました

 

と同時に、電車に飛び込むことで死にたい。という思いを結実させる人が多いのはその為なんだなぁ。と感じています。紐やらロープだと人間一人を吊るすだけの準備って意外と面倒なんですよね。早く死にたいのにさ、なんかめっちゃ時間かかるっていうね

 

普通のロープとかビニールテープじゃダメかも?みたいな疑問がでたりと死にたい欲求を完全に満たすのは難しいなぁ...と感じた次第です

 

死にたい。と感じるけど、どうしようなんて悩んでいることが多くて、そこで感じたのは『悩みが解決されないから、どうしようもなく途方にくれているから、死にたい。と感じるのだ』ということです

 

つまり、悩んでいると最終的に『死』を選べばカンタンだな。と感じるからこそ、死にたいと感じることは間違いではなく、解決し難い問題に対して『一番最後の気楽な回答』が『死にたいという感情』に関連しやすい。ということなんだと思います

 

人間にとっての終わりか、はたまたゴールかわかりませんが『死』というのは終結地点なんですよね。生物としての終わりなわけですし、そこには自我も悩みもないですから、確かに気軽でカンタンに終われるんです。死にたいと思ってしまえば何もかも

 

僕の場合は能天気で楽天家で向こう見ずなので、とりあえず生きていますし、だからこの記事をあなたに読んでもらえているんです。そこで、最初にあなたにだけ伝えたいことがあります。それは『あなたは誰かに頼ってよいんだ』ということです

 

では、ここからの文章をうす〜く見てみてください

 

 

死にたい。死にたい。死にたい。死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい・死にたい

 

 

僕はこれを大学の先生から教えてもらったんですが、なんか見てるとですね。すこーしずつ意味が分からなくなってくるんですよ

 

あれ、死にたいってなんだっけか??あれれ??あれれれ??と。

 

これは文字を見すぎることで生じるゲシュタルト崩壊が起きてしまって、死にたいってこんな文字だっけか?と感じるわけです。するとああ、なんかよくわからんくなった。面倒だ。といつの間にやら死にたいという気持ちが一瞬消えていました

 

ただし、死にたいと感じさせていた問題が解決したわけじゃありません。少しの安寧を得るための方法くらいに捉えてみてください

2. 死にたいと感じることは人生終了なのか?

死にたいと感じることって人生終了なのか?といえば、そんなことはありません

 

死にたいと感じる。死にたいと思う。死にたいと脳裏に浮かぶ。のは『まだあなたが悩みを解決する意思を捨てていない証拠』だと私は感じるのです

 

死にたい。と感じて本当に死んでしまった。なら死にたいなんて考えないんですよね

 

けど、こうやって死にたい。死にたくてたまらない。と感じるだけの人もいるかもしれません。とはいえ、死にたい。と感じる以上はまだ人生終了なんかじゃありませんよ

3.『死にたい気持ちは間違っちゃいない。』けどな。けどな。それでも僕は生きて行く。

死にたいと感じること。考えてしまうことは間違っちゃいないと思います。

 

20代〜30代の自殺率も高いし、超高齢化社会(全世界で一番高齢化した社会が日本なんですよ)を地道に邁進する僕たちの国に生きていると、なんか閉塞感が強すぎて辛いな。と感じるのも普通といえば普通です

 

そして、アジア圏を土台に生きている僕たちは特に『他者からの目線』『横並び主義への重圧』『圧倒的な年齢主義と排他的な年功序列』を叩き込まれます。

 

僕の場合はマンション5Fからの転落事故(両親の不注意)』『両親の離婚』『両親の再婚』『一時的家庭内別居』『両親の親、つまりおじいちゃん・おばあちゃんとだけ暮らした子供時代』『勉強できない学生時代』『センター試験を忘れる(笑』『エントリーシートを書いたことない』『就職試験を受けたことない』とかがプラスαでのしかかりますからね。

 

なにそれ無理ゲー?てかクソゲー?と。人生はクソゲーよ。とノーゲーム・ノーライフで学びましたが、確かにと。人生はどうしようもないくそげーやろうです

 

けれど。けれど、けれど。。。

 

 

僕は生きて行くことをあきらめたことは一度だってありません

 

 

確かに。

 

辛いことが多いし、なんか人とうまくいかないことも多いし、辛いなぁ。なんか嫌だなぁなんて感じたことはどれくらいあったかなんて思い出したくもありません

 

なにをもって平等なのか?なんで有利な人生と不利な人生があるのかを考えたことが何度あったかも容易に思い出すこともできません

 

辛い事実が何度も人生に降りかかりながら、何の気なしに生きて行くことは難しいわけです。だからこそ多く人や僕はふと、『死にたい』と感じることがあるのだとおもいます 

 

人生はクソゲー人生はクソゲー人生はクソゲー人生はクソゲー人生はクソゲーと何度だっって叫べたいわけですよ

 

けれど。それでも。何度でも僕が今回言っておきたいのは。

 

僕は生きて行くことをあきらめたくはない。ということです

 

これが今回、『死にたい..死にたい...と感じるあなたにだけ伝えたいこと』です

 

もしかしたら死にたい。という気持ちが変わらなかったやもしれませんし、なんだこいつ不幸なやつだ。まだ俺は私は僕は大丈夫だ...と感じたかもしれません

4. この人の半生を知っていますか?地獄の業火で焼き尽くされているのですよ...

はてなブログという場所で、一躍時の人になっているブロガーがいます

この方の人生。というか半生を綴ったブログを読んでみていて感じたのは、死ぬことより辛い、辛い人生って存在するのだ...という体験です

 

僕も小さい時に5Fマンションから落下事件がありますから、他人事とは思えないんですよね。とはいえ、ハルオさんは強く生きています

 

人にも社会にも警察にも、果てには両親とも疎遠であり、ある種否定され続けることをされているにも関わらず、ハルオさんは生きている。

 

死にたいと思うことも多々あるにも関わらずです。

 

可能ならハルオさんのブログを読んでみてください。地獄の業火に焼かれ続ける人生をただ淡々と生き続ける勇者がそこにはいます

 

とはいえ

 

勇者になる必要もありません

 

重要なことはただひとつです

 

あなたがどうすれば良いのかを悩み、苦しみ、それでも歯向かうだけのひとかけらの勇気だと、ぼくはおもうのです

 

ぼくも苦しんだ結果として、今回こうして書いています

 

何かしらの人生の気づきと前進に役立つことができたなら、嬉しいですし、あなたのお役に立てたようなら幸いです

 

ではでは

広告を非表示にする