読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"にゃー博士"はNetflix研究家

にゃー博士が世界をニャメ尽くす

マーチングとジャズドラムから得た最高の気づきとは?【ルーディメンツ上達編】

Drums&ルーディメンツ

SPONSORED LINK

f:id:rudiments:20170217140053j:plain

左手の薬指を怪我したら、なぜかルーディメンツが上手くなったよ、、、というイマイチわからない理由でルーディメンツの上達方法に気付いてしまうにゃー博士です

 

今日はルーディメンツを極める上でルーディメンタルドラミング以外にもマーチングとジャズドラミングの両方への理解が大事だよーー!

てな事を話していきます!!

なんでそんな話をしたいの?

マーチングをしているとルーディメンツドラミングだし、

ジャズならジャズドラミングを練習しています。

 

するとどうしても表現した音楽の奏法に慣れてしまって

他の可能性を見れない事もあるんやなと感じてて、記事にしています!!

ではでは、本題でーす^^)

でさ、何が言いたかったの?

言いたかった事はただ1つで、マーチングの奏法とジャズドラミングの奏法では

左手の薬指の使い方が全然違うんです!!

 

でね、

 

そうした音楽表現の違いから生じるレギュラーグリップのちょっとした違い

ドラマーは理解しておくとよりカンタンに能力を上げられるな!!という事です。

 

言葉で言われると当たり前やん、、、!なんですけど、本質的に理解できているのか?

と聞かれると、僕の場合はう、、、痛いところを付くなお主、、、ってなります。

 

なんで痛いのかって言えば、当たり前な出来事や奏法の中に大きな答えやヒントがあるけども、そうした事実を素直に感じ取るのって案外難しいから!!

 

日常の中から音楽の気付きをもっと見つけれるようになるぜ!!という感じで、

それでは^-^b

 

よく読まれています◀︎

広告を非表示にする