読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"にゃー博士"はNetflix研究家

にゃー博士が世界をニャメ尽くす

日本人にバカにされて笑われた?「誰かの否定は成功への全肯定」だ!!

SPONSORED LINK

f:id:rudiments:20161217154359p:plain

こんにちは、にゃー博士です

 

日本人は真剣に頑張っている人を笑い者にし、バカにし、中傷し、否定し続けます


日本にの多くの人が「直向きに努力している真剣な人を笑っています」


ただ、そんなバカなやつの言葉を聞くんじゃないと、今日伝えます 

「ねだるな。勝ち取れ。さすれば与えられん」

 


頑張らなければ人生が切り開かない僕やあなたのの努力を否定したり、理解しないのは間違っています

 

人間たちの99%くらいがバカなのは知っているが、それでも「誰かを理解することを諦めた人間に生きる意味があるのか?」とすら僕は感じています

 

思考し、行動し、結果を出し、そしてさらに行動する。

 

すると今まででは考えられなかった思考や未来が、ようやく初めて見えてくる

 

凡人たちには努力は虚しく見えるのだろう

 

まして非凡な天才には凡人の努力は汚らしくも見えるはずだ


けれど、理解できなかったり、努力できない自分たちを肯定するために、必死に誰かを批判し、否定し、陥れることでしかない


無意味な人生の末路を自分たちで加速させて何の意味があるのか?


「ねだるな。勝ち取れ。さすれば与えられん」


大好きな「交響詩エウレカ・セブン」の主人公レントン・サーストンの名セリフだけど「悩まずにただ突き進むことでしか人生は進まない」


悩むことは若さの特権ではあっても、特権をそのままにすればいつかは朽ち果てる


「ねだるな。勝ち取れ。さすれば与えられん」そして「諦めるな・逃げるな・思考し続けろ」


人間が勝つための方法なんてシンプルで「ただ行動するだけ」だから小利口なバカに僕は絶対になりたくない

「誰かを肯定せず、否定し続ける人が多いと僕は嬉しい」

99%くらいの凡人にとって「肯定」することは難しく「誰しもが誰かを不意に否定し、傷つけて、それでもバカみたいに肯定されたがっている」

 

肯定するのは怖いだろう。

 

否定するのは容易いだろう。

 

だからいつまでたってもお前たちは「凡人であり続けるんだ」

 

ただ、僕はとても嬉しい


だって「誰しもがしない行動をしているからこそ、凡人は否定を重ねるし、否定されることが多ければ多いほどに、どこか歴史の偉人にでもなった気分だ」


否定するのは楽しいだろう?簡単だろう?子供にだって出来る小さな行動だろう?


否定を受けることこそ、成功し始めている証明だ

 

誰かがやったことだしても、大抵の人間ができないことをしようとしている証明だ

 

だからこそ「否定は成功への全肯定にすぎないんだ

「凡人の僕が頑張らなければいけない理由」

小さい時にマンションの五階から真っ逆さかに落ちて大怪我を負った僕に待っていたのは「学歴社会」の悲惨な日常だった

 

けれど、中学校の時に、のちに千葉大学に現役合格した当時の親友(N君)を見て、僕は勉強で立ち向かっても勝ち目はないし、意味がないと悟った

 

それが、わずか13歳の出来事だから本当に良かった。

 

自分の「強み」を見つける努力をすることでしか人生が変わらないことを知ったからだ


その後、僕は「多くの人間が無思考に大学受験に必死な横で、ただひたすら英語の勉強をし続けた」

 

学歴に必死な日本の島国のバカよりも、世界中で未来に向かう人たちとただ仲良くなりたかったし、なにより「英語を喋り、外国圏と繋がることが僕の人生の差別化要因」だったからだ

 

結果として英語を喋ってドイツ人に物を売りつけるくらいには到達した

 

英語を喋れば多くの外国人に「Good Pronunciation!!」と言われる程度にはなった
(goodは100点満点で60~70点くらい。Excellent!!と言われて初めて100点くらい)

 

何も特別な才能も能力もないなら、努力をし続けることでしか人生は切り開かないし、もしかしたらその努力も誰かの1000倍くらい時間がかかるかもしれない

 

でも、ひたすらに考え、行動している瞬間は「人生が進んでいる感覚しかない」からこそ僕にとっては嬉しいことだ

 

人は悩み、妬み、蔑み、誰かを否定する。そんなバカたちをよそに僕はただひた走る

 

「水は低きに流れ人もまた低きに流れる」と言うけれど、僕も似たようなものだ

 

いつ誰かの思考や言葉にひた走る足を止め「悩み出すのかわからない」

 

けれど、それでも行動し続けることでしか「目の前の現実も世界も変わりはしない」

誰かの戦略や意見を真っ向から全否定する勇気

僕は誰かが教えてくれる秘密の戦略や意見が本当に大嫌いだ

 

だって「人生の戦略は必死に自分の頭で考え抜いたからこそ、初めて価値化する」

 

なぜならチャンスを求めて誰かがいったことをするのは「戦略」ではないからだ

 

チャンスを待ちながらその時の流行りに乗っては「どう金を稼ぐかを考えている」

 

つまり「今すぐにお金を稼いでくれそうな物にしか投資できない」バカだということ

 

反面、「自ら仮説検証し、結果を出すために必死に行動する」に「自分で考えた戦略を実行し続ける人はきっと大きな結果を手に入れる」

 

「自分の頭で考え、そして思考し続ける」ただそれだけでいいんだ。

 

そう考えると「必死に行動し続けるあなたも僕も、きっと正しいんだ」と思えるかもしれない

 

自ら思考し続けるあなたと僕が上手く行き始めているからこそ、多くのバカは否定しているんだ

 

以上が、日本人にバカにされ、笑われた?「誰かの否定は成功への全肯定」という理由

でした

 

「誰かの否定は成功への全肯定」ですよ

 

ではでは^^

 

︎よく読まれています

 

広告を非表示にする