読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"にゃー博士"はNetflix研究家

にゃー博士が世界をニャメ尽くす

『Netflix サバイバー・宿命の大統領 第3話 誠実さの先に』あらすじ&感想レビュー!ネットフリックス・オリジナル作品!!

SPONSORED LINK

f:id:rudiments:20161230081545p:plain

こんにちは、Netflix サバイバー・宿命の大統領 第3話 誠実さの先に!の壮大さに驚いているにゃー博士です

 

「Netflix サバイバー・宿命の大統領 第3話 誠実さの先に」では「議会爆破事件の唯一の生存者」や「現ホワイトハウスへのハッキング攻撃」など多くの問題が生じています

 

では、気になる第3話に行ってみよう!

唯一の生存者が爆破事件のあとから生還!

f:id:rudiments:20170102001819p:plain

議会爆破事件から約36時間が経たないうちに、現職の国会議員の「ピーター・マクリーシュ」をガレキの中から救出することに成功します

 

ただ、議会にいた1000人以上の人間が命を落とした大規模な爆破事故にもかかわらず生還してしまっている事実は少し疑問が残るところです

 

はたしてどうやって「ピーター・マクリーシュ」は無事突然の爆破事件から身を守り、生還したのか?という疑問点は今後のサバイバー・宿命の大統領を見る上で欠かせない視点になるでしょう

 ホワイトハウスにハッキング攻撃が仕掛けられる!

f:id:rudiments:20161230174937p:plain

突如ホワイトハウスは何者かからの攻撃を受けてしまい、停電をした少しの間にハッキング攻撃を受けてしまいました

f:id:rudiments:20170102003455p:plain

パソコンに存在していた機密データやプログラムコードも全て安全な状態で無事でした

 

ただ、その段階では特に重要なデータが盗まれてしまったわけではなく、なぜかある動画ファイルが残されているだけでした。。。

 

それがイスラム系のテロ組織による「議会爆破事件」への関与を示す動画ファイルです

f:id:rudiments:20170102003749p:plain

マジード・ナサールと名乗るその犯人は、彼が所属しているアルサカール殉教者旅団

が今回の爆破事件を行ったと犯行声明を表しました

アルサカール殉教者旅団が犯人なのか?

ホワイトハウスでは、現状ではまだマジード・ナサールが真犯人であるかどうかの確証を得ることができないために、100%の確証を得るための行動を開始します

 

特にアメリカによる他国への戦争行為にも発展してしまう可能性があるこの事案に関しては、トム・カークマン大統領も確実な判断を下すために繊細になっています

 

とはいえ「アメリカ議会」というアメリカの家を非道なテロリズムで攻撃したわけですから、今すぐにイスラムの犯人がいるだろう場所にF18で爆撃すべきだ!!という論調を持つ職員が多くいることは否めない事実です

 

アメリカ合衆国の大統領であるトム・カークマンは、他国へと爆撃攻撃をするのでしょうか?がとても気になります

 

第1話でもわかるように、突然大統領に就任したわけですから、どう行動するのでしょうか?

ピーター・マクリーシュは真犯人なのか?

f:id:rudiments:20170106154500p:plain

第3話にして、ようやくサバイバー宿命の大統領の真犯人が誰かなのか?を解明出来そうな糸口をつかみ始めたFBIの捜査チーム達!!

 

実際ピーター・マクリーシュは議会の進行途中にどこかに消えている可能性が高く、もしかしたら実行犯の疑いもあるかもしれません!!

 

ではでは^^

 

︎よく読まれています

rudiments.hatenablog.com

広告を非表示にする