"にゃー博士"はHappyon研究家!

にゃー博士がHappyonをニャメ尽くす

SPONSORED LINK

人に頼ることが苦手なあなたに知ってほしい大事なこと

SPONSORED LINK

注目記事▼
お金がなくて困っているなら、見てください。キャッシングが一番!

【正社員へ!】フリーターがプログラマーに就職・転職するための方法!!未経験からIT業界に挑戦です

プログラマー未経験者が正社員で採用されるまでにやった『5つ』のこと

f:id:rudiments:20161206153954p:plain

こんにちは、人と良い関係性を築きたい独白Webライターの僕です

 

僕(25歳の男性)も、だれかに気楽に頼ることが難しいと感じています

 

なんせコミュ症ですし、だれかに話しかけるのも苦手、作り笑いもできないです

 

今日は、人に頼ることが苦手な人に「だれかに頼ることは良いことだよ」と、強く伝えたいと思います

 

目次

 

幼少期の親の離婚。幼いころの出来事が「頼らせない僕を作った」

 

25歳男性の僕ですが、両親が離婚をした事実を知ったのは23歳のことでした

 

とりあえず、驚きますよね。なんで、、、??みたいな

 

離婚をしたのかも?という事実に気づくきっかけは、

 

海外に行こうとしてパスポートを取るために戸籍謄本を見ると、僕が今のお父さんの"養子"になっていて、なんで息子とかでなく、養子なのか、、、?と疑問を持ったからです

 

そして、なんとなく母親に聞かされたのは、僕が生まれる前に離婚をした事実

 

なので、ラッキーなことに僕にはお父さんが2人いるという珍しい状況で、さらにラッキーなのは、2人のお父さんが僕に未だに優しい存在だということです

 

もっといえば、おかあさんもおとうさんもおじいちゃんもおばあしゃん(これはなぜかいまだにしゃんです。さんではなく)が、僕の出生の秘密を知って、異常に僕に優しい存在であったことです

 

僕は、そんな誰もが僕に優しくしてくれる家庭環境にいたからこそ、なぜか「人に頼ることができないようになっていました」

 

なんでこんなに優しいのか?

 

もしかしたら、もっとワガママをいえばそのままに何かをしてくれるんだろう。。。と幼いながらに感じていた僕は、ますます「頼るまい、、、誰にも!!!」と感じていました

 

小学生がこんなことを考えているのですから、そもそも「周囲の人間の異様な優しさ」から何かしらの危機意識を感じていたのかもしれません

 

そして、何より周囲から上下関係が大事!とか食事のマナー!とかを叩き込まれていたので、さらに「自分でなんでもどうにかできる人間じゃなきゃダメだな」と中学生あたりから思っていました

 

頼ることが苦手な僕は、ますます頼らなくなっていく

 

日本の教育は基本的に個人主義ですし、誰かと一緒に創造的な何かをするなんてことは絶対にしないでしょう。

 

学生という立場にいる人間が受ける評価は、常に「個人に対してのみだからです」

 

そんな個人主義の学生生活と、人に頼るまいとする僕の「人に頼ることが苦手な意識はますます大きくなっていきました」

 

家庭も学校も、すべてが「僕に頼ることをするな!と暗示をかけているようでした」

 

もう、ここまでくると「誰かに頼ることは、悪でしかない」とすら、感じるようになっていきます。

 

みなさんはどうですか??

 

気軽に頼ることができる、気のおける誰かはいますか??

 

そんな僕が感じる。ほんとは人は誰かに頼っている事実

 

何かを間違えてしまって、誰かが助けてくれていた

 

仕事でポカして、結果的に上司に尻拭いをしてもらった

 

いつも行くごはんやさんで、なぜか多くのごはんとイノシシの肉をもらえた

(なんで、、?という感じですが、もらえました)

 

 

こんな感じでなんでも良いのですが、結局、ひとは「誰かに頼っているんだな」と最近強く感じるようになっています

 

「本当に最近までは、個人として完全であれ、完璧であれと強く思いんでいました」

 

でも、そんな風に思っていても、それは「誰かに頼っていない」と思い込んでいるにすぎず、じつは誰もが誰かに頼っているんだ。という事実に目を向けていません

 

 

だからこそ、今日は「人に頼ることが苦手なあなたに知ってほしい大事なこと」として「ひとに頼ることは悪いことでなく、もし頼ってしまったり、結果的に頼ってしまったなら、誰かに優しくしてあげれば良いだけだ」と強く伝えたいのです

 

 

僕にとっての対人コミュニケーションがいまだに苦手ですし、そもそも改善される見込みがある気がしません(笑

 

 

でも、「人に頼ること」を「苦手」としたり「ダメなこと」だと感じていても、「結局は人は人に頼ることで生きて行くようにできています」

 

 

え、、、人になんか頼らんけど、、、??

 

 

と感じた人は、「ほんとうの現実を見えていないだけ」かもしれません

 

生きるとは、たよること。

 

人が生きるということは、回りまって頼ることでもあるなと思います

 

なので、生きることは、頼ること。と少しでも感じることができれば、いまよりも気軽に誰かに頼ることができるし、頼られることができると思います

 

むずかしいかもしれませんが、気は持ちようです。

 

少しずつ頼って、頼り過ぎたら、ちょっと怒られれば良いのです

 

 

以上が、 人に頼ることが苦手なあなたに知ってほしい大事なことでした。

 

 

頼るのは、じつはいいことなんですよ

 

 

ではでは^^

よく読まれています