"にゃー博士"はHappyon研究家!

にゃー博士がHappyonをニャメ尽くす

SPONSORED LINK

身に余る結果を手に入れた時に悩んじゃった時用"メモ"

SPONSORED LINK

注目記事▼
ニート脱出のためのit就職術!!

【正社員へ!】フリーターがプログラマーに就職・転職するための方法!!未経験からIT業界に挑戦です

プログラマー未経験者が正社員で採用されるまでにやった『5つ』のこと

f:id:rudiments:20170325095326j:plain

人間は努力をしているから、そもそも結果が欲しいのだ。けれど、なぜか、辛い。

 

ひょんなことから結果が出た時にどんな対応を取るべきか?を伝えておきます。メモに近いかな?

身に余る結果を手に入れた時に悩んでしまうならば、人と話しなさい。

f:id:rudiments:20170322214744j:plain

結論はでているのだけど、話せと。誰かとなんでも良いから雑談するしかないのだ

 

僕はひとと喋らんタイプでコミュ症で人付き合いが苦手でたまらん。けれど、最近になって悩んでいる時は人と喋った方が良いのだ。ということを理解した

 

悩むんでいる状態と考えている状態は、言葉が違うのだから明確に区別されているのだし、何より意味が違うから表現が違う

 

けれど、人間というやつは自分が『考えているのか?』それとも『悩んでいるのか?』を自分自身では判断できない時がある。

 

それがまさしく『悩んでいる状態』だと感じている

 

そもそも考えていけばある程度の結論に達する。反面悩んでいる時は自分が何を考えているのかすら理解していない時がある。しかし自分はまだ考えているのだ。と正しく判断できていない場合が多い。

 

だからこそ、正常に判断できない。思考をしているがまとまらない。つかれている。何これ無理ゲー?と思考が当惑しているときこそ、人としゃべろう。という感じです

 

たいてい思考のフォーマットがリセットされて、なんだ。大したことないと。と思って新たに綺麗な気持ちで考えて、悩む必要がなくなる

 

特に身にあまる結果を手に入れたときがそうだ。どうしようもなくなる

 

だって、経験値を超えた偶然で手に入れただろう結果を、いままでの経験から推測したりかんがえたりしても、答えなんて見つかるはずがないからだ。

 

だから悩む。だったらなんでも良いから話せ。気づきを得よう。新たな考えや思考をインストールして初めて次のステップに進める

 

てな具合ですな。と僕は書き記しておきます。皆さんはどう思うやら?

 

ではでは^-^

 


広告を非表示にする