"にゃー博士"はHappyon研究家!

にゃー博士がHappyonをニャメ尽くす

SPONSORED LINK

『PVモンスターでドラフト/企画提出するにはどうするの?』プロWebライターが正直に答えるよっ!!!

SPONSORED LINK

注目記事▼
今なら無料!!Happyon(Hulu)でアニメを見るのが幸せな理由はこれだ!!

f:id:rudiments:20170202170703p:plain

こんにちは、PVモンスターを使うことで、収益率を高めるの気楽じゃん!!!と最近になって気づいたWebライターのにゃー博士です

 

クラウドワークス・ランサーズなどの大手とは違い、メディアと共同でWebサイトを成長(グロース)させていく感覚で仕事ができる良いクラウドソーシングマッチングサイトなわけです

 

では、PVモンスターで『ドラフト/企画提出』するにはどうするの?な疑問に答えていきますっ!!!

公式HPはこちら=>毎月2万円の継続報酬獲得中のライター多数!PVモンスター

 

企画書とかドラフト(骨組み)ってなに?

f:id:rudiments:20170203035351j:plain

普段クライアント側から『記事の方向性・KW・共起語』などを指定されて記事執筆に励んでいるWebライターの場合は書いたりすることが無いかもしれません...

 

僕の場合は『文字単価3〜4円』程度なので企業側に記事を提案するときに次の項目をChatWorksかLineなんかで送ったりします。 

 

  • 主要KWと共起語を含めた『タイトル付け』
  • 100文字〜150文字程度の説明文 => ブログでいうところの記事の概要
  • 全体の記事構成 => 起承転結させて、どんな目的で書いているのかを説明

 

カンタンですね!!

 

どうして企画書やらドラフトやらが必要になるんですか?と聞かれれば、それは『どんな記事をWebサイトに掲載するのか?という大事な大前提をクライアントとユーザーが正しく認識するために存在しています

 

言い換えれば『お互いが納得した上で仕事をするための確認書』が企画書やドラフト(骨組み)と呼ばれるものとなります

 

なので、Googledocsで共有してから方向性の確認なんかをするのが1番良い方法だったりもしますし、ある程度関係が深まっていけば『阿吽の呼吸』で記事執筆を行うことが可能となります

 

いきなり『企画書提出で^-^b』と言われると驚き桃の木ではあるのですが『どんな風に仕事をしていくのか?』『クライアント側の意思を汲み取ることができるのか?』などの記事執筆において大事な要素を『事前に確認』することができるので、この機会に書いてみてください!!!

企画書を書くときに、気をつけることは?

f:id:rudiments:20170203040001j:plain

企画書を書いていくときに特に意識しておいて欲しいのは『なんで記事を書くのか?』という疑問に対して答えることです

 

月間PV数の底上げ』『関連記事の補充』『メインとなる記事の土台記』『収益化を図るための記事』などクライアント企業がWebライターに記事作成をお願いするときには『多くの要望』が存在しています

 

こうした何のために記事を書くのか?そして誰に対して記事を書くのか?を明確にしておくことで『納品時のクライアントとWebライター側のミスマッチ』を防ぐことが可能となります

 

...と色々と言っていますが、ひと言でいえば『PVを上げるための記事をどうやって書きますか?』という1番大事なことを忘れないようにすれば大丈夫ですっ!!!

でも、どうすれば...?

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/akiliver/20150627/20150627191317.jpg

記事のワードや書くべき内容がある程度決まってきたなら、あとはどんなユーザーに読んでもらいたいのか?を明確にしていく必要があります

 

例えば『六本木駅 近くのスタバ』なんてワードでPVを取りに行くと仮定しましょう

(まぁ、これはGoogleで検索すれば一発ですが、わかりやすさのためです^-^)

 

こんな時に検索ユーザーがどんな人なのか?どういった時に検索をしたいのか?などを細かな条件を加味したユーザーのことを『ペルソナ』と言います

 

今回のペルソナなら、いつ『お店が開いているのか?』『テラス席はあるのか?』『イケメン店員さんはいるのか?』『1Fなのか2Fなのか?』『六本木駅から近いのか?』などを知りたい女子大生に近いユーザーが見えてくるはずです

 

そうしたペルソナユーザーがどんなことを知りたいのか?をしっかりと考えて、リサーチをして記事執筆に当たれば良いわけです

 

ちょっとしたWebライターのぼやき

六本木駅の近くには青山学院大学もあるので、いつの時間帯なら比較お店が空いているのか?勉強をするならどの時間帯が良いのか?なども学生さんに対しての情報も簡単にリサーチしておくのも良いかも?

企画書は書いてナンボ!間違えていいんです!!!

今回は企画書を初めて書く人に対して、企画書ってなに?どうしたら良いの?ということをお伝えしてきましたが、そんなに肩肘を張らなくても大丈夫です!!!

 

Webライティングを通じてコンテンツを作成する時には『ユーザーがどんなことを知りたいのか?』を徹底的に考え抜けば、必ずうまくいきます!!!

 

興味のあるかたはぜひPVモンスターに登録してみてください。

公式HPはこちら=>毎月2万円の継続報酬獲得中のライター多数!PVモンスター

 

よく読まれています