"にゃー博士"はHappyon研究家!

にゃー博士がHappyonをニャメ尽くす

SPONSORED LINK

原始時代のYoutuber!家を作り火を起こし自ら生き抜く!!なにそれカッケー!!!

SPONSORED LINK

注目記事▼
お金がなくて困っているなら、見てください。キャッシングが一番!

【正社員へ!】フリーターがプログラマーに就職・転職するための方法!!未経験からIT業界に挑戦です

プログラマー未経験者が正社員で採用されるまでにやった『5つ』のこと

f:id:rudiments:20161226233953p:plain

原始時代のYoutuber!家を作り火を起こし自ら生き抜く!!なにそれカッケー!!!

 

って感じで行ってみよう!

 天然の小屋を自ら作る!

私は天然素材と原始的な道具を使ってブッシュにこの小屋を作りました。小屋は幅2m、長さ2m、側壁は1m、尾根線(最高点)は2m高く、屋根の角度は45度です。ベッドは内部に建てられ、それは小屋の半分以下を占めています。使用されたツールは、木材を切るための石の手の斧、火を作るための火の棒、掘るための掘り棒、水を運ぶための粘土の鍋でした。小屋で使用された材料はフレームのための木材、ラッシングのためのブドウと弁護士の杖、壁のための泥であった。広葉樹は、当初は腐ってしまう前に約4ヶ月間うまく働いていました。屋根は、より良い屋根材であることが判明した紙樹皮のシートで覆われていました(樹皮の外層を剥がしてもこの樹種は死ぬことはありません)。内部の煙を減らすために、外部暖炉と煙突も建設されました。小屋は小さくて快適な避難所であり、天気の良いところから道具や材料を保管するためのスペースを提供します。小屋全体は、最初から最後まで9ヶ月かかりました。しかし、それは実際の作業の30日しかかかりませんでした(私は樹皮屋根、煙突と余分なダブを追加する前にそれを数ヶ月間放棄した)。

 自ら火を起こして生活をする

私はボウドリルと鍛造ブロワーを組み合わせたボウブロワーを発明しました。このブロワーは空気を火の中に押し込むことができ、原始的な技術だけを使って一般的に発生する天然素材から簡単に作ることができます。私は樹皮で火をつけて温度を上げることから始めました。この基本的な原則は私がプロジェクトを通して改善したものです。
次に、そのスロットを互いに直角に2つの樹皮からなる回転ファンを作製し、直径約20cm、高さ5cmの単純な4枚羽根のパドルホイールを形成した。ファンのブレードは角度をつけられておらず、スピンしたときに車軸から外側に空気を放出するように設計されていました。ファンのローターはスティックを2つに分けて作り、4つの突起を作りました。次に、ファンを突起部に挿入し、端部をラッシュで固定して所定の位置に保持した。手の手のひらの間でファンローターを前後に回転させると、火が燃え上がった。しかし、ファンによって生成された風の一部だけが火災に達しました。残りの部分は他の方向に吹き飛ばしていたので、効果的に浪費されていました。

 モンスターハンターでしかないな、、、!

槍投げは、ユーザーが手だけではなく槍を投げることを可能にする簡単なツールです。それは、槍の後ろのノッチに収まるように、端にフックがある小さな長さの木です。スローダが得た余力と距離は、それが与える余分な力のためです。
私は小さな枝を切って小さな枝を切り取って切り取った。私は槍の端にフィットする拍車に小枝を形作った。投手は約65cmの長さであった。
槍のために、長さ約2m、厚さ約1.5cmの細い苗木を切りました。槍の端には拍車が入るようにカップを刻んだ。その後、木の枝を樹皮から守るために、槍の裏を樹皮繊維で縛った。槍の頭部は火の中で単に焦げられ、岩を削ってそれを磨く(練習中に頭が定期的に壊れて、鋭い先端だけが仕事を救うために使われる)。
槍投げ機を使用するには、投手の拍車が槍のカップに挿入される。槍と投げ槍は約肩の高さに保持されます。スローダは素早く前方にフリックされ、スピアはターゲットに向かって推進されます。槍が投げ槍を離れると、拍車が飛び出すまでエネルギーを蓄えます。飛行中、フレキシブルスピアは揺れ動いて逆説的に振動し、飛行中にスピアをある程度安定させます。

 

という感じで、まじで原始時代を生きるYoutuberがいました、、、!!

 

ではでは^^

 

▶︎よく読まれています

rudiments.hatenablog.com

広告を非表示にする